事例紹介

調査の事例結婚調査 2019.09.18

息子が2人の女性と…

依頼人イメージ

Kさん(ご子息の母親)

息子(25歳、外資系保険営業)の交際相手 (25歳、保育士)とは、8年前から家族ぐるみの付き合いで、結婚を前提に話を進めていた。
そんな折息子に、彼女以外にも付き合っている女性(R)がいると打ち明けられた。
Rさんに妊娠報告をされて、慌てて相談したという。Rさんとはもちろん面識がないため、どのような女性なのか(特に妊娠の真偽)を知るために相談した。

調査対象者
息子の交際相手

調査結果

結果は詐欺に近いものでした。
ご子息の実家がかなりの資産家だということを知ったRさんは、妊娠したと嘘をついて結婚を迫ったのです。

当然、産婦人科への通院歴もありません。しかも別の男性と同棲状態にありました。
顔がはっきりと判別できる写真付きの証拠(調査報告書)を見せたところ嘘を認めました。「もうご子息に付きまとわない」という念書を書いてもらい、トラブルを回避できました。

調査内容

妊娠が真実なら、ゆっくり構えている時間はありません。ご依頼者様と協議した上で、特例的にご子息に女性についての聞き取りをさせていただきました。
ご子息がRさんから聞いている家族構成ほか、Rさんが家計を支えていること、妊娠3か月であるといった話をもとに、調査を進めました。

ご相談者様の声

詐欺に近いことをしたRさんへの怒りはあります。
それ以上に、息子の貞操観念といいますか、だらしなさに情けなくなりました。
本来の婚約者との結婚式までに、性根を叩き直してやろうと思います。

調査内容とその結果…

調査の事例結婚調査 2019.09.18

接待が多いから、平日は連絡をとりづらいと主張する婚約者

依頼人イメージ

Hさん

友人から、男性(33歳、製薬会社)を紹介されたHさん(30歳、アパレル)。
男性は明るく、さばさばとした性格で、仕事に対する態度も真面目そのもの。勤め先は国内有数の製薬会社。安定性・年収ともに不安がなかったため、交際半年後のプロポーズをOKした。
結婚の話が具体化するにつれ、「仕事柄接待が多い。平日は連絡自体、あまりできないよ」という説明に不安が増し、どうせなら納得して結婚したいという思いから相談を決めた。

調査対象者
婚約者

調査結果

仲の良い同僚の証言で、語学に長けて勤務態度もよく、Hさんが聞いている通りの評価を受けていることがわかりました。
大学教授の父親、一流大学に在籍する弟など、ご家族の経歴も申し分ありません。
しかし、「平日は仕事で連絡が取れない」という主張の裏に、信じられない事実があったのです。
この男性、週の半分は風俗店に通うたいへんな「風俗マニア」。
ファッションヘルス、ソープランド、そのほかマニアックなお店を網羅、指名する相手は若い女性ばかりでした。
調査結果をお伝えすると、その病的なハマりようにいっぺんに気持ちが冷めてしまったとのこと。調査結果をつきつけて、別れを切り出したそうです。

調査内容

経歴の真偽・年収額などの調査と合わせ、平日の素行を調べました。

ご相談者様の声

男性ですから、そういった場所に行くこともあるかと思います。
でも、週の半分、しかもお相手は若い女性ばかり…。生理的に無理!
言い方は悪いのですが、病気も心配ですし、子どもができたときに家計を圧迫するのではないかという不安もあります。
調査をしていなかったらと思うと、ぞっとします。

調査内容とその結果…

調査の事例結婚調査 2019.09.18

肝心な話をはぐらかす、次女の婚約者

依頼人イメージ

Aさん(次女の父親)

次女(26歳、商社事務)が、男性(32歳、銀行員)と交際している。
東京の大学を卒業後、そのまま東京の企業に就職した次女が、大阪へ帰省する際に男性を連れてきて、顔を合わせた。
そのとき、将来どこに住むのか、仕事はどんなことをしているのかなどを聞いたが、どことなく歯切れが悪く、誤魔化されているような印象を受けた。
次女に聞くと、相手の親に会いたいと言っても、断られるという。
交際期間が短いながら、次女が結婚を意識していたこともあり、相談したいと思った。

調査対象者
次女の婚約者

調査結果

経歴や職業に嘘はなく、勤務態度も良く、退社後はまっすぐに帰宅していることがわかりました。
調査期間半ばでは問題なしと思われましたが、その後、過去に結婚していた事実と、子どもがひとりいることがわかりました。
離婚、離婚相手との間に子どもがいる、そのことに良い・悪いはありません。
しかし、その事実を隠していたことは、交際相手に対し誠実とは言えません。
調査結果をふまえてAさんは、交際中止を娘さんにすすめたとのことです。

調査内容

公的書類などから婚姻歴や子どもの有無、次女が聞いている経歴の真偽に加え、銀行での勤務態度、普段の素行を詳細に調べました。

ご相談者様の声

思い過ごしであればと思いつつ、調査を依頼しました。結果を知って言葉がでませんでした。
娘と出会うまでの人生を、包み隠さず報告しろとは言いません。ですが、黙っていて良いことと悪いことはあります。
結婚してから打ち明けられていたらどうなっていたかを考えると、やはり調査をお願いして良かったと思います。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.09.18

女の勘で浮気を確信、ネクタイが派手になった旦那

依頼人イメージ

Rさん(専業主婦)

夫の帰宅時間が遅くなり、夕食はいらないと言われることが増えた。
外食に比例するように、服装が派手になり、お金遣いも荒くなっている。
3年前にも浮気をしたことがあり、そのときはすぐに認めたが、今回は頑なに認めようとしない。

調査対象者

調査結果

ご相談いただいた時点で、「2回目の浮気は許せない。証拠が取れたら離婚します」と決めていたご相談者様。
1度目の調査をもとに調査報告書を作成したところ、「1回の証拠だけではどんな言い訳をするかわからない」と、2回目の調査をご依頼下さいました。
結果、同じ女性との浮気現場をもう一度収めることに成功。
弁護士への相談と、浮気相手への慰謝料請求のために内容証明郵便を発送する準備をしています。

調査内容

ご相談様が疑っていることを旦那様が知っているため、迅速な対応が必要でした。
土日がお休みで、特に金曜日の夜の帰りが遅いとのことから、金曜日の退社時間に合わせて調査を開始。

金曜朝

  • 調査対象の夫が会社を出た時点から尾行を開始
  • 電車で会社最寄り駅からA駅まで移動。
  • 改札を出た後しばらくして携帯電話を使用したところ、女性が駆け寄る
  • 調査対象と女性は、手をつないでレストランへ
  • 1時間後レストランを出た2人はホテルへ向かう。ホテルへ入ったところを撮影
  • 約2時間後、ホテルを出てA駅へと戻る。ホテルから出たところを撮影
  • A駅での別れの際には、人目をはばからずキス。その様子も撮影
  • 女性の所在地を特定するため、女性を尾行。住宅に入る様子、表札を確認

ご相談者様の声

浮気をある程度確信していて、「許さない」と気持ちを固めて調査をお願いしました。
とはいえ、調査報告書を見たときには、泣いてしまいましたね。
しっかりとした証拠を2冊も作ることができたので、リスタートに向けて有利に交渉を進めたいと思います。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.09.18

「今日、調査をお願いできますか?」朝4時のご相談

依頼人イメージ

Kさん(妻/共働き)

ご相談者様は、「もしかして、浮気では…」という疑いを以前から持っていたとのこと。
夫はこまめに携帯メールを削除しているため、いつ相手の女性と会っているかがわからなかった。
たまたま、消し忘れていたメールを見たところ、明日(電話をした当日)会うことがわかったため、急ぎ依頼の電話をかけた。

調査対象者

調査結果

通常は、当日の依頼はお受けすることが難しいです。事前に顔写真などからご本人様確認を行い、調査方法・料金・契約方法などをご説明し、ご納得いただく必要があるからです。

しかし、迷いに迷って朝4時に電話をしてこられた点からも、お困りの度合いを察することができました。
とにかく事務所へお越しいただき、猛スピードで通常のご説明を行い、調査にのぞみました。
メールの内容のとおり、浮気相手と合流した調査対象。
弁護士をご紹介し、離婚手続きを進めていらっしゃいます。

調査内容

当日会うことがわかっていたため、調査対象が家を出るところから調査をスタート。

金曜朝

  • 調査対象の夫が自宅を出た時点から尾行を開始
  • 自動車でY駅へと移動、同駅で女性と合流
  • 調査対象と女性、地元の観光地方面へと車を走らせる
  • 2時間後、観光地へ到着。車を停め、観光地を散策。レストランで食事を楽しむ
  • ひととおり観光を終え、再び車に乗り込む。
  • 郊外のラブホテルへと向かい、2人で入室。その様子を撮影
  • 約2時間後、ホテルを出て車に乗り込む。その様子を撮影
  • Y駅近くにある女性の自宅まで送り届けた後、解散
  • 女性が住宅に入る様子、表札を確認

ご相談者様の声

長年のもやもやが晴れ、あのとき勇気を出して電話をかけて良かったと思います。
朝4時という時間にも関わらず、眠さを一切感じさせない対応に好感を持ちました。
車の免許がなく移動手段がない私のために、自宅近くまで無料出張というかたちで迎えにきて下さったことも、

とても助かりました。離婚成立まで長い道のりですが、がんばっていこうと思います。。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.09.18

疑いを晴らすために覗いたメールが決定打に…

依頼人イメージ

Mさん(専業主婦)

仕事の関係で使うくらいで、以前はメールですらほとんど使っていなかった携帯電話を、肌身離さないようになった夫。 罪悪感を覚えつつも、携帯電話を確認すると、明らかに浮気をしている内容のメールを発見した。

調査対象者

調査結果

都度、調査対象の様子をご相談者様に報告。調査結果を提出したところ、

動揺され、すぐにはこれからどうすればよいのかを判断できないご様子でした。
浮気相手の女性へも慰謝料を請求したいとのご要望から、女性の名前と住所の調査も行いました。
ご紹介した弁護士やカウンセラーとの対話から、最終的には離婚を決意。
弁護士とともに、離婚と慰謝料請求のための内容証明郵便発送などの手続きを始めています。

調査内容

浮気相手の女性とのメールで、泊りがけの旅行にでかけると知り、週末に調査を実施。

土曜朝

  • 調査対象の夫が自宅を出た時点から調査を開始
  • 最寄り駅からS駅へ向かう
  • 新幹線の改札前で女性と合流
  • 同じ新幹線に乗り込み、車内での親密な様子を撮影
  • T駅下車、タクシーでAホテルへ向かう
  • ホテルフロントで荷物を預けたのち、周辺を観光 
  • ホテルへ戻り、夕食のためレストランへ
  • Aホテル宿泊

日曜朝

  • ホテルから出てきた様子を撮影

ご相談者様の声

調査報告書を開いた時、予測していたとはいえ、頭が真っ白になり言葉がでませんでした。
まだ子どもが小さいので経済面での不安が最後まで残りましたが、結婚生活を続けることは無理だと考え、最終的に離婚へと踏み切りました。
クオリティの高い調査報告書が裁判の際に十分な証拠となり、母子の生活を守る結果を出すことができました。

調査内容とその結果…

相談の事例結婚調査 2019.08.23

探偵の【結婚(前)調査・身辺調査】に関する調査・相談の事例・どういったことを調査するのか?

・はじめに、探偵社ガルエージェンシーの考え方です。
まずはご相談者様のお話をゆっくりとお聞きすることから始めます。
ご相談者様に寄り添い、どのようなご協力ができるか?
一緒に話をお聞きしながら、最善の方法をご提案することをお約束致します。

それでは、ご説明させていただきます。

結婚(前)調査最近の傾向
従来は、親御様からのご相談・ご依頼が圧倒的に多かったのですが、最近は当人からのご相談も多くなってきております。
出会い系でのアプリ(マッチング)で知り合って、お付き合いをしたが、色々な面で不審に感じるところがある。

<結婚(前)調査の相談者が不安に感じた事項>
・ひょっとして、既婚者では無いか?
・土日に会うことを拒否される
・自宅を教えてくれない。色々な不自然な理由と言って
・身分証明を見せてくれない
・名刺を見せてくれない
など、本人の個人情報に関することには拒否する傾向があります。
普通の交際相手で、男性であれば女性が自宅に来ることを拒否することは考えにくいですね。
一般の人はきっとうれしく感じるはずです。
結婚(前)にそのような行動をとる場合、何らかの疑いを持ってもいいかもしれませんね。

<探偵が行う一般的な結婚(前)調査事例・項目一覧>

□一般的な結婚(前)調査事項
・経歴(職業、学歴など)
・交友関係(男女の交友関係等)
・生活振り、経済状況など
・風評(自宅周辺、勤務先等)
・釣り書や身上書を交わされているか
・思想・宗教(各宗派など)
・健康状態
・家族構成
・婚姻歴
・人柄、性格
・異性関係
・趣味、嗜好など
結婚(前)に当たり釣書(身上書)とは、関西ではまだこのような風習が残っているようです。かなり地域での格差があるように感じます。
ちなみに私の生まれた地域では、殆ど聞いたことがありませんし、今でもそのような風習は内容です。
結婚前に傾向としては、富裕層な家系、代々続いている家系、地主の方などに傾向が強いように感じます。
しかしこのような風習は、関西でも少なくなってきているようです。
やはりこのような風習が差別につながると考える傾向にあるからだと思います。
但し、今の世の中、様々なトラブルがあるのも事実です。
結婚詐欺の被害に合われた方の話をお聞きすると、最初から騙すつもりで言葉巧みに近づいて、うそで固めて騙し通す。
そのような輩もいくらでもいます。世の中そんなに悪い人はいない、これまでそんな人と関わったことが無い、普通にまじめに見えた。
普通はそう感じることが多いと思います。しかし、出会いを求めている人の中には最初から遊びと考えている人の割合がかなり高いのが実情です。
特に、スマートフォンでの出会い系アプリや結婚を目的を真剣に考えているふりをして、実は最初から出会いを求めて、遊びたい。
・女性との出会いを気軽に都合よく遊びたい
・気軽に不倫を楽しみたい
・たまには夫(妻)以外の人と楽しみたい
最近は、男性だけではなく、女性の方も非常に増えています。
独身の方、主婦の方抵抗感が少なくなっているのではないでしょうか?
本心にまじめに結婚を前提に考えている人とは違って、遊び。
そして、本人の個人情報は明かさない。
そのようなトラブルの相談を多くいただくようになりました。
そのようなことにならないように、不自然に感じたことがありましたら、お気軽にまずはご相談ください。
探偵が、第三者的に、冷静に判断しご意見を提案させていただきます。取り返しのつかない前に、是非ご相談ください。

□結婚前に交わす釣書(つりしょ、つりがき)身上書とは、
若い人には全くなじみのない名称ですね。私もこの仕事をするまでは聞いたことがありませんでした。
他の地区のことはよくわかりませんが、関西ではまだまだ、この風習が残っています。
縁談・相手に提出する自己紹介の書面。主に経歴・家族構成・住所などが書かています。
結婚前に家族の名前、生年月日、学歴、職歴などが主な事項です。
本人からみたら、祖父母、両親、兄弟(姉、妹)のことについて書いていることが多いようです。
中には戸籍を添えて交わされる方もいるようです。

□結婚前に最近のトラブルのケース
・まじめな女の子だと思っていたが、夜の風俗の仕事をしていた
・他に複数の男性(女性)と親しくしている人がいた
・ギャンブル癖があり多額の借金がある
・お金を貸して欲しいと何度も執拗に要求されるようになった
・お金が必要と言って、色々な理由を言ってくるようになる。親が病気、事故をした、会社のお金を使い込んだなど
・アルコール依存症でお酒が入ると別人になる
・離婚歴があることは知っていたが、DVのうわさを聞いた
・離婚の理由をうそを言っているのでは?性格の不一致と言っていたが実は浮気が原因?
・子供がいるのではと疑われる
・金銭トラブル
・同じ職場の同僚との不倫(最近の風潮として不倫に殆ど抵抗の無い人が多くなってきているように感じます。芸能人のメディアでの影響でしょう。)
・社内で他の人とも交際をしているのではと噂を聞く。
・会社の上司とかなり親し気で、怪しく感じる
・挙式がまじかになっても、両親や知人、友人を紹介しようとしない。
・他人の戸籍を見せて、既婚者であることを隠して、独身となりすまされた。
・相手の勤務先は上場会社で安心していたが、トラブルを起こしてやめており、現在はフリーターだった。
・結婚紹介所で知り合って付き合いだしたが、結婚の話を具体的にしようとすると色々とはぐらかされる。
・バツイチだが、離婚理由に不安を感じている。本当の理由を知りたい。

※探偵社ガルエージェンシーは、人権差別に係る調査は一切致しませんので、どのような調査が可能で、どのような調査が違法な行為になる可能性があるのかご相談時に丁寧に説明をさせていただきます。
現在、結婚前の調査に関しては、個人情報の問題や差別にかかわる事項も多い為、非常にデリケートな調査となります。
その為、事前にご相談いただくことをお勧めします。
何でもできます!と安易に返事をするような探偵会社があったらご注意された方がいいかもしれません。
後々、トラブルになる可能性がありますのでくれぐれもご注意ください。

□結婚はご本人だけのものではありません。
お互いの家族、親戚などこれから色々と関わってきます。
これまで色々なケースにかかわってきましたが、
・本人同士はうまく夫婦生活ができていても、親戚などのトラブルで離婚に至った。
・両親や兄弟に新興宗教を必要に進められてやむなく離婚
・夫(妻)の浮気性がひどい
・ギャンブル好き
など、結婚して分かることも多くあります。
また、中にはどう考えても、財産目当て。
これからの生活に不安がある為、分不相応の相手に見えてしまう。
色々なトラブルが考えられます。

□結婚に関する調査をするのは?興信所?探偵はやらない?
そう考えている方が関西には非常に多いように感じます。
・興信所
・探偵事務所
どう違うのか?
実情は全く違いがありません。
ですが、結婚に関する調査をするのは興信所だと考えている方が、特になのでしょうか?関西、大阪の方には非常に多いと感じます。
お電話いただく際も、「そちらは、興信所ですか?」と聞かれる方も多くいます。
関東の方に聞くと、興信所と言う呼称はもう「死語」だ、と言う人もいます。
ですが、実際は全く同じ仕事をしています。
細かいことを言うと、企業を専門に調査している帝国データバンクや東京商工リサーチさんなどは、興信所と言う名称で呼ばれます。
同じ調査会社ですが、個人に関する調査は一切されていいません。簡単な代表者についての調査位で、一般の個人の調査はされていません。
そのため、個人の結婚に関する調査を行うのは弊社のような探偵事務所、興信所となります。

そこで、実際に結婚に関する調査をしようとした場合、どうしたらいいのか?
・結婚前の調査を大阪で考えているがどこに相談し、依頼をしたらいいのか分からない
・結婚に関する調査を得意にしている興信所、探偵、はどこなのか分からない
・どこに相談したらいいのかもわからない
・結婚相手の経済状況がどの程度なのか不安で知りたい。贅沢はある程度限度はあるかもしれないが、貧困にはなりたくない。
・結婚を考えている相手の女性(男性)関係が気になる。身辺的なことが気になる。
・実家が大阪と聞いているが、住所を押しててくれない。なぜなのか気になる。
・親から聞いたが結婚に関する調査を依頼するのは興信所?なのか
・結婚相談所、パーティで知り合った。そんな人を調べたい。
知り合っても間が無い為、相手のことがよく分からない。あまりしつこくプライベートなことを根掘り葉掘り聞くと、嫌われそうで不安。でも、知らなさ過ぎても不安がある。
・結婚する前に相手の方について知っておきたい。第三者から見てどのように感じるのか、自身ではそんな新居にならなことでも第三者はどう感じるのか意見を聞きたい。不安に感じる点もある。

□結婚前の調査は、探偵・興信所の調査はどのように進められるのか?
色々と不安を持って相談に来られる方が多くいます。
・相手に調査をしたことが分かってしまうと、婚約が破談になってしまわないか心配
・内緒で調べることに対して申し訳ないと思ってしまう。
一番不安に感じることが、相手に分かってしまうのではないか?と言う不安でしょうか。
ご安心ください。探偵・興信所の調査は、全て相手に分からないように調べていきます。
専門的には、内偵・内密の高機密調査となりますので、調べていることを相手の方にはもちろんですが、周囲の方に知られることなどは一切ありません。
皆さまに安心してご利用頂いております。

□結婚前の調査に、結婚前に探偵・興信所の無料相談
探偵に相談すると、すぐに契約を強要されるのではなかい?
そのように不安を感じている人は非常に多い容易です。
確かに、ゆっくり相談を聞いてくれるというよりは、とにかく調査の説明ばかりを優先して、中々寄り添って話を聞いてくれない。
他社に相談に行ったがとにかく契約ばかりを要求され、契約をしないと返してくれない!
そんな勢いだったと相談に来られる方も多くいらっしゃいます。
弊社はそのようなスタンスは取っておりません。
まずはご相談者様から状況を詳しくお聞きして、どうしたら問題を解決することができるのか、親身に寄り添いご相談をお聞きすることが大切と考えています。
決して、契約を強制するようなことはありませんのでご安心ください。
探偵や興信所を利用する、ましてや相談しようとしてもよくわかりませんよね。
インターネットで検索してもかなりの数の会社があり、どこが信用できる会社なのかよくわからない。
探偵や興信所を利用することは、そうそうないでしょうからいざ、探偵に相談しようとしてもどうしたらいいのかよく分からない。
そんな状況でしょう。
あまり、周りの人にも探偵に調査の依頼をして、どうだった!?などと話したりすることはまずないですよね。
話しにくいことが圧倒的に多いでしょう。
探偵会社には無料で相談ができるところも多くあります。
専属の相談員がいるところも。
まずはそのようなところへ相談してみてください。
もちろん短手者ガルエージェンシーも相談は無料ですし、経験豊富な専属の相談員がいます。
女性の相談員も在籍しています。まずは勇気を出して、一度ご相談ください。

調査の事例浮気調査 2019.07.14

浮気・不倫調査:夫は単身赴任、その間に浮気を繰り返していた妻

依頼人イメージ

相談者:40歳男性 職業:会社員

相談者の夫は約5年前から転勤や出張が多く、単身赴任や自宅を留守にすることが多くなる。
この5年間は月に数日しか自宅に戻ることができない状況でした。
自宅では、妻と小学生の娘の二人暮らし、近所に夫の実家があり子供の面倒を見てもらうこともある。
妻は専業主婦で、パートなども一切せず夫の収入で生活をしている。

状況
1年前位から不審に感じることが多くなる。
・自宅の電話に出ないことがあり、留守番電話が多くなる
・夜に自宅へ電話をしたり、携帯電話へ電話をしても留守やつながらないことが多くなる
・娘も自宅にいないのか?いたら電話には出るはず。実家にでも行っているのか?と考えていた。
理由を自宅に戻った際に聞いてみると
・ママ友と食事に行っていた
・夫の実家に一緒に訪ねていた
・娘と一緒に外食していた
などとの返事
娘に話をすると
・お母さんが夜遅くに帰宅することが多くなった
・学校から帰って、晩ご飯を用意してくれているが、留守の日がある
・一人でお父さんの実家に行くことが多くなった
・土日にお母さんが出かけることが多くなった
・お母さんの服装や化粧が派手になった
など、気になる印象を受ける。
娘は、私が自宅を留守にすることも多く、母になついている為、私に話しずらいこともあるようで、言葉を選びながら話す印象を受ける。
それでも何か妻(母親)に対して不審な感情を持っている、前とは違うように思い始めているような様子を感じる。
やはり妻の行動に不審な行動を感じる。
帰宅した際に妻の手帳を見てみると、手帳にいくつかの記号が書かれていることに気が付く、ハートマークやイニシャル。
電話をして留守だった日には、ハートのマークや赤色のマークが確認できる。
時間帯も夕方や夜、土日の予定も目に付く、やはり不審な印象を受ける。
色々と考えた末、自身では留守がちでもあり、探偵会社に相談することにする。
インターネットで検索して、ガルエージェンシーへ電話する。

相談内容
・妻の週末の行動が知りたい
・出かけた際にどのような人物と接触しているのか?浮気をしているのか、事実を知りたい
・交通手段は車、徒歩、電車、自転車、タクシーを使用することもあり

調査対象者
妻(38歳)
年収
700万円
子供
娘(10歳)
結婚歴
13年

調査結果

調査のご提案
・週末の行動を調査し、実際にどのような行動をして誰と接触しているのかを調査
・調査は撮影をしながら進めて、接触者がいればしての顔も分かるように撮影をします
・その日の行動が時系列に分かるように調査を進め、最終的に調査報告書にまとめてご報告します。
・調査当日は、調査の状況は随時連絡をしながら、調査を進め、接触者がいれば、メールやライン等で写真をお送りすることも可能です
・写真をご覧いただくことでどのような人物なのかも確認が随時可能です

調査内容
話し合いの上、週末にご自宅から調査を行うことにしました。
夕方、奥様とお嬢様と出てきて、お嬢様を実家に送った様子で、奥様は一人で出かけました。
タクシーに乗って、繁華街で下車
すぐに男性と合流、かなり親し気の様子でした。
手をつなぎながら居酒屋に入りました。
2時間度一緒にいて、お店を出てきました。
二人ともかなり上機嫌で、酔っぱらっている感じでした。
手をつないで、路上でキスをする様子も確認でき、もちろんその様子も撮影しました。
その後、しばらく歩いて、ホテル街へ・・・
コンビニによって、お酒やおつまみを購入し
ラブホテルへ入りました。

その様子も、もちろん撮影し、ご依頼者様へ報告しながら調査は進めます。
時間帯にもよりますが、泊まる可能性が高いのか?それとも数時間の休憩か?
ホテルのプランや当日の予定によって、ご依頼者様と相談しながら調査を進めることになります。
夜通しで出てくる様子を見るのか、翌日~再開し出てくるところを撮影するのか。
この判断を間違えると、せっかく完全な証拠が台無しになりかねません。
やはりラブホテルに入って、滞在時間や宿泊した事実をきちんと証拠として掴むことが大切です。
そのようなことも踏まえて、状況を見ながらご提案させていただきます。
無駄に、調査時間を使う必要の無いように、ご提案させていただきますので、ご安心ください。

調査内容とその結果…

調査の事例結婚調査 2019.07.13

結婚(前)調査:出会い系アプリで知り合った男性と結婚したいと、娘から相談される。

依頼人イメージ

お嬢様の父親

次女(31歳)が結婚を考えている交際相手がいると言って、男性(36歳)を家に連れてきました。
知り合ったきっかけは、スマホの出会い系のアプリとのこと。
今時の若い人はそのようなアプリで出会いを求めて、交際につながることも多くなってきているとは聞いたことがありました。
しかし、色々とトラブルも多いとも聞いていました。
出会いとのきっかけを聞くと、ちょっと心配で、話をしていても年齢にしてはちょっと頼りない印象を受けました。
正社員ではあるようですが、収入的にも少し心配するような金額でした。
それでも娘もいい年齢になってきているし、子供のことを考えるとそろそろいい年で、行き遅れにならなければいいなとも思っていました。
娘もかなり気に入ってお付き合いをしているようで様子なので、今時の若い人らはそんなものか・・・と思い、娘が熱心に頼み込むので前向きに考えることを約束しました。
しかし、どうしても気になることもあったので、後にインターネットで出会い系のサイトについて色々と調べてみると、色々なトラブルの事例が書かれていました。
・最初から遊び気分で女性を探している
・既婚者が独身とうそをついて交際を続ける
・不倫関係の人が多い
・本気で結婚や交際を考えている人もいるようだが、圧倒的に遊びとして出会いを求めている人の割合が圧倒的に多い
・男性も女性も遊びと考えて出会いを求めている
・金銭トラブル、お金を何かにつけ貸して欲しいと言ってきて、何度か繰り返したのちに連絡が取れなくなる
・交際中に聞いていた話にどうも不審な点が色々と出てくる
・自宅や勤務先など個人情報を教えてくれない。プライベートなことを聞こうとすると怒り出す。
結局、遊びの延長で出会いを求めて、必要が無くなったら、連絡を絶つ。
そのようなトラブルばかりが目につきました。
それでかなり気になってしまい、どうしようか悩み、一度探偵事務所に相談してみることにしました。

探偵事務所に相談したら、最近このような相談をいただくことが非常に多くなってきているとのことでした。
出会い系サイトで知り合った人とのトラブルのケースが多くなってきているようです。
安易な気持ちで出会い系サイトを利用する人が非常に増えているとのことでした。
不倫を求めて出会い系サイトを利用する人も多いようです。
もちろん中には結婚して幸せに暮らしている人も多いのも事実らしいです。

調査対象者
娘の交際相手
年収
500万円
子供
娘さん二人

調査結果

娘には内緒で、交際相手の男性のことについて調べてみることにしました。
名前、住所から身辺の調査を行うこととしました。
・勤務先の確認
・退勤後の素行
・休日の様子
などを調べることとしました。

調査結果
聞いていた勤務先は、IT関係者の会社に勤務しているとのことでしたが、実際に出勤を繰り返すのは、飲食店のアルバイトでした。
時給での仕事をしていました。
聞いている勤務先へ出勤することはありませんでした。
また、飲食店の終わる時間に合わせて、退勤後の調査を行うと、
・パチンコ屋に入りびたり
・風俗店に立ち寄る
・消費者金融のATMを何度も利用する
そのような生活振りが明らかになりました。
お嬢様から聞いていた様子とは全く違ったようです。
調査結果をお父様へご報告すると、非常に不安がられていましたが、お嬢様とよく話をしてみるとのことでした。
数日後にご連絡をいただいた際に、お嬢様と何度も話をして、結婚はしばらく見合わせてよく考えると言われているとのことでした。
このように出会い系サイトで知り合ってのトラブルは非常に多くなってきております。
かなりの方が遊びと考えて、出会いを求めていると思われますので、くれぐれもご注意ください。
不安があれば、一度ご相談ください。

調査内容とその結果…

調査の事例結婚調査 2019.07.11

結婚(前)調査:会社の上司から女性を紹介してもらう

依頼人イメージ

会社員

約半年前に、出向先の専務に独身で結婚願望があると話したところ、知人の女性を紹介されました。
容姿もよく、性格も合いすぐに交際が始まりました。
相手の女性も結婚への願望があり、とんとん拍子に親しくなっていきました。
親にも紹介して、結婚を前提に交際をして、同棲するようにもなりました。
しかし週末には実家へ戻ると言って、土日に一緒に過ごすことは中々ありませんでした。
理由を聞いても曖昧に答えて、はぐらかされている気がしていました。
また、頻繁に男性らしき人からLINEや電話があることも。夜にも何度もかかってくることがありました。
誰と聞くと、仕事関係の人と言うぐらいではっきりと答えません。あまりしつこく聞くと嫌がられるのが怖くて、何度も聞くことを控えていました。
但し、あまりにも頻繁にある為、ずっと気になっていました。
そこで、ネットで調べて、探偵事務所へ相談してみることにしました。

調査対象者
出向先の上司からの紹介
年収
800万円

調査結果

調査内容
週末、金曜日に一緒に住んでいる住居には帰らず、実家に行くということでしたので、勤務先から退勤後の調査を行うこととしました。
実家にそのまま向かうようでしたら、いったん終了し翌日も昼間どのようにされているか調査を行うこととしました。
詳しい話をお聞きしているうちに、やはり女性の態度には不審な点が多くあるようには感じていました。

調査結果
退勤予定時間の19時から勤務先から調査を開始しました。
時間を少し過ぎたころ、女性が一人で出てきました。
最寄り駅に入り電車に乗りました。しかし聞いている実家方面ではなく別な電車に乗りました。
車中では、スマートフォンをずっと操作し、ラインでも使用している感じでした。
○○駅で下車し、今度は電話をかけてきょりょきょろし出しました。
そうしたらそこには男性が近づいてきました。年齢はずいぶん年上に見えます。
二人とも笑顔で、すぐに手をつなぎ二人で歩きだし、近くにある居酒屋へ入りました。
このような状況をご依頼者様へも連絡しながら、調査は進行します。
男性の写真も撮影したものを、メールにてお送りします。
見たことのある人か?確認します。
また、居酒屋内での状況も確認するか?確認したところ是非見て欲しとのことでしたので、調査員も客の振りで店内へ。
ちょうど対象者らの後ろの席に座ることが出来ました。
二人の様子は、ニコニコと会話を交わして、非常に楽しそうです。
依頼者にその旨も伝えたところ、写真を確認したら、女性を紹介した出向先の専務であることが分かりました。
とりあえず、調査を継続してその後どのような行動をするの確認することに。
2時間後に二人が出てきて、徒歩で向かった先は近くにあるラブホテルでした。
ご依頼者様へお伝えしたところ、大変落ち込んでましたが「わかりました」と。
念のため、翌日も調査を行ってほしいとのことでしたので、一旦、調査を終了し、翌日の朝に改めて調査を行うこととしました。

翌日の朝、調査を再開。
このような場合、夜通し調査を行う場合もありますが、泊りの可能性が高い場合は、一旦中断して翌朝から再開することもあります。
無駄に調査費用をご負担いただくことの無いよう、状況によってご相談しながら調査は進めていきます。

朝の10時過ぎにホテルから出てくる様子を確認し、撮影も行いました。
しばらく様子を見て欲しいとのご依頼者様からの要望でしたので、継続して行動を調査。
ミナミの商店街を楽しそうに買い物をする姿を確認でき、その様子を撮影して、今回の調査は終了としました。
数日後に調査報告書にまとめてご報告をさせていただきました。
実際に写真を見るまでは、まさか?と思っていたようですが、さすがに写真をご覧になられると、かなり落ち込むようにため息をつかれました。
但し、現実を踏まえてこれからのことを考えますとのことでした。
結婚を真剣に考えていたらしいのですが、事実がその前に分かってよかったとおっしゃっていただきました。
後日、それぞれに話をして、女性とは別れられたとのことでした。
女性は見た目からはとてもこのようなことをするような印象は受けない。まじめでおとなしい感じの女性に見えました。
しかし実際の生活振りは、とても信じがたいものでした。

調査内容とその結果…

相談の事例浮気調査 2019.06.28

探偵を探しています。浮気調査で大阪と東京に事務所のある探偵事務所を考えているのですが・・・

<ご相談者・家庭環境>
妻(38歳)
夫が東京でで単身赴任
大手建設会社の重役、東京に単身赴任で住むようになって約3年
妻は大阪市内、専業主婦
子供 二人
結婚して、10年
夫と知り合ったのは、大学の同級生、大阪の大学
特に女性問題をこれまで感じたことはありませんでしたので、浮気や不倫の心配をしたことはありませんでした。
一般的な家庭より、経済的には恵まれている方だと感じています。
福利厚生もしっかりしていて、単身赴任に関する手当も充実しています。

「関東と大阪にある探偵会社がいいと思って探している」との相談でした。

「大阪にいながら、東京の調査は可能でしょうか?」

状況をおききすると、
夫の様子が非常におかしく、恐らく浮気をしている可能性が高い。
以前は、月に2度大阪へ戻ってきていたが(会社から月二回の手当てが出る)、ここ1年は年末年始に帰ってきただけで、他の月は全く帰ってくることが無くなった。
理由も色々と言ってくるが、色々と聞こうとしても、キレられて、話にならない。
先月、東京へ出向き突然留守の部屋を訪ねてみたら、女性のものが色々と出てくる。
化粧品や部屋着など。ひょっとして、一緒に暮らしているのでは?と思えるほどの量のものがある。

夫にそれを問いただしても、なぜ留守の部屋に勝手に入ったのか!と逆ギレ状態。
(男性、夫の典型的です。男は、自分に都合の悪いことを言われると、保身のため、逃げる為に『きれます』典型的です。そのような態度を取る方がほとんどです)
理屈では奥さんに勝てないと思って、怒るしかなくなるのでしょう。
ほとんどの奥様からの相談の際、そのようにお聞きします。
情けないかな、怒ることで自身の弱みをさらけ出しているのですが・・・

まずは、浮気をしていないか事実を確認したいとのお考え。
その事実を踏まえて、今後のことを考えていきたいと思っている。
・本当に浮気、不倫をしているのか?
・一緒に暮らしているのか?
・相手の女性はどのような人物なのか?顔は、年齢は?(やはり気になりますよね)

◆最近の中年男性の浮気や不倫の傾向
基本的に、中年の男が女性にもてるわけがありません。
まず、知り合うきっかけもありません。
じゃぁなぜ、不倫、浮気の関係になるのか?
・出会い系サイトの乱立(出会いを求めている方の需要の多いこと、相当数のアプリがあります)
・スマートフォンの普及(それまでは、1対1の関係が難しかった。簡単には連絡が取れなかった
・おやじにはお金を期待(そんなにモテルおやじはいません。とりあえず、遊ぶお金欲しさ)
そんな感じで、中年男性がいいように遊ばれているのです。それに気がつかず「モテキ!?」なんて、勘違いをしているのでしょう。
適当に話を合わせて、お小遣いもくれて、食事にも連れて行ってくれて、プレゼントも色々とくれる。
お財布代わりとまで言ったら失礼かもしれませんが、楽しく遊べる都合のいい男性と思われているのがほとんどでしょう。
お金目当ての浮気や不倫の関係の場合がほとんどなんですが、男は勘違いして、モテると思ってしまうのでしょうね。
一般の中年男性が、もてることはまぁありません。一部の芸能人ぐらいです。

◆そんな浮気の現実は置いておいて、
そのような状況で、探偵会社を探そうとお考え。
大阪で依頼しても、東京へ行くのに出張となるとそれだけでもかなりの金額が必要となる為、大阪と東京の両方に事務所のある探偵会社を探している。
ネットで検索して、全国展開しているガルエージェンシーを探していただきました。

◆全国に100を超える事務所のあるガルエージェンシーは住んでいる地域でご依頼いただいても、他府県の調査が可能です。
もちろん地元の探偵が調査を行いますので、無駄な出張費用がかかることもありません。
お住まいの地域から全国の調査依頼が可能で、その調査先の探偵が調査を行います。
このようなことができるのもガルエージェンシーだからこその連携です。
調査を実際に行う際は、状況を随時お伝えしながら調査を進めます。
現在、どのような状況なのか、お伝えしながら、調査を継続すべきなのか?それとも一旦中断して別な日に調査を再開する方が効果的なのか、そのような提案もしながら調査をする目ていきます。
決して、無駄にだらだら調査を継続することはありません。
全てご依頼者様の納得をいただきながら進めることになります。

【探偵はガル】で、検索
検索をしてみてください。必ずあなたの近くに「ガルエージェンシー」の事務所があるはずです。
もしなかったとしても、最寄りの都道府県に必ずありますので、まずはお気軽にご相談してみてください。
親切、丁寧に相談に応じます。

ケースによっては、大阪から地方へ出向いて調査を行うことももちろん可能です。
費用対効果を考えながら、ご提案をさせていただきます。

これまでにも、北海道、関東、沖縄や色々な地域で実績もあります。
全国にくまなく探偵事務所があるガルエージェンシーだからこそ、きめ細かい対応が可能です。
お気軽にご相談ください。

もちろん逆のケースもあります。
東京にいながら大阪での調査
東京でご相談、契約も可能ですし、ケースによっては大阪での契約も可能です。
色々と対応が可能ですのでまずはお気軽にご相談ください。
ご相談はメールでも結構ですし、フリーダイヤルでも結構です。

相談の事例人探し・人捜し 2019.06.15

探偵の調査料金はいくら?

・人探しはいくら?
・結婚調査はいくら?
・浮気調査はいくら?
・家出人調査はいくら?
・身辺調査はいくら?

このように、調査費用がいくらなのか?
殆どの方から、まずは聞かれることが多いです。

初めて相談するので相場が全く分からない?

調査をしたいが、相談したいが、まずは費用を教えてほしい!

8割がたの人がそのように言われますね。

もちろんお気持ちが分からないでは無いです。

ですが、探偵の調査料金は

・浮気調査はいくらです。
・人探しはいくらです。
・結婚調査はいくらです。

そのように単純に決まっているわけではありません。

例えば、

・浮気調査であればどの程度の調査が必要なのか?調査員数は何名が必要なのか?
対象者の行動や勤務先の出入りの数などによって調査の難易度や必要な人員が変わってきます。
又は、とりあえず浮気の証拠が1回分でも取れればいい。事実を知りたい。そんな方もいれば。
法的な手続きをするために、完全な証拠をとりたい。
不貞行為の証拠を3回。そうなるとその分調査時間も多くなります。
調査員数が多く必要、調査の難易度がかなり高くなることが考えられる。
先日は既に探偵他社で、2度の失敗、バレル、失尾、警戒感が非常に高い。
そのような場合とであればどうしても時間単価は高くなる傾向にあります。
調査員3名で調査をするのと5名でするのでは当然、1時間当りの調査費用は変わってきます。

・人探し、家出人調査の場合
現在の状況、連絡が取れなくなってどの程度の期間が経過しているのか?
情報はどの程度持っているのか?
全く見当がつかないのか?
連絡が取れなくなった理由に寄っても変わってきます。
借金を抱えて夜逃げした。
突然、家を飛び出した。
数年前から連絡が取れない。
このように色々なケースがあります。
結構な割合で、探偵であれば簡単に人を探し出せるのだろう!
そんなイメージを持たれている方も多いです。
恐らく、映画やドラマのイメージがあるのでしょうね。
しかし、現実は人を探すと言うことはかなり大変な調査になることが多いです。
人づてや聞き込み等で差も簡単にたどり着く・・・
そんな単純なものではありません。現実は。
かなりの人員、時間を要することが多いです。
また人を探す調査の場合、実際にどの程度の調査が必要になるかを事前には判断しにくいのが実情です。
業界独自の情報を仕入れる先ももちろんあります。
色々な業種の方との人脈もあります。
情況によってどのようなことが考えられるか、過去の事例や経験を踏まえて調査を行うと、色々な情報を得ることができる。
当然あります。
しかし、それも実際に調査を行ってみないと、どのような情報を得ることができるのかが判断しにくいものです、
その為、特に人を探すような調査の場合は、いくらで必ず探します!と中々はっきりとお答えしにくいのが実情です。

・結婚調査の場合
何か気になることがあるのか?
本人のことが知りたいのか?
家族の事が知りたいのか?
職場でのことが知りたいのか?
何が知りたいのかがポイントです。但し、我々も何でも調べます。とは言えません。
差別や調査をお引き受けしにくい場合もありますので、何が知りたい事項なのかで料金が変わってきます。
調査の難易度、調査方法を変わってきますので。

調査費用は当然気になるでしょうが、料金だけで決してご判断されないように注意してください。
安かろう、悪かろうの世界です。
安いところで同じような調査が可能なのか?やはり1人で調査するより、3名で調査した方が、リスクも低い、調査も効果的に行えるでしょう。
ドラマや映画では、一人で何でもこなすようなイメージがあるかもしれませんが、現実はそんなに簡単なものではありません。
いつ動くか分からない対象者
交通手段も徒歩、車、自転車、バイク、タクシー?
臨機応変に対応するにはそれなりの人員が必要となります。

決して安いところをとにかく捜し出す!
そんな単純な考えは止めた方がいいです。
ちゃんとした調査ができる会社なのか?信頼できる探偵か?
電話だけで判断せず、面談をして、実際に事務所へ訪ねて、見極めてみてください。
簡単なことでは無いでしょうが、藁をもつかむ思いで焦って判断しないようにご注意ください。

相談の事例浮気調査 2019.06.07

浮気・不倫調査の料金NO.3

<探偵業界の他社事例>

6.調査契約の解約、キャンセル、延期の場合
消費者センター、国民生活センターや協会等かへのクレームで一番多いのが「解約等に関するトラブル」です。

・契約の解約
浮気調査の契約を交わした後に冷静に考えて、金額が高額だ、
もう少し考えたい。など迷われることもあるでしょう。
その場合の条件もきちんと事前に確認しましょう。
探偵業界には、探偵業法(探偵業の業務の適正化に関する法律)東井法律があり、契約前に重要事項の説明が義務付けされています。
その中には、解約等に関することの説明をするように定められていますので、事前に納得がいくまで説明を求めてください。
決してあやふやにしないように注意が必要です。
当然金額を全く支払っていなければ、特に気にする必要もないでしょうが、着手金等を支払っていたら、返金をしてもらう必要があります。
まだ、契約したばかりで、調査は待ってくt毛をつけていない。それであれば、交渉し必ず全額の支払いを求めましょう。
ある会社では、解約に応じず集団訴訟問題になっている探偵会社もあります。
事前によく確認するようにしましょう。また、返金に応じてくれない場合は、すぐにあきらめず、消費者センターや管轄の警察、公安(生活安全課)や調査業協会等へ相談しましょう。
弊社の場合、調査を全く行っていなかった場合、もちろん全額返金致します。

・調査のキャンセル
何日前までにキャンセルだとキャンセル料等が必要になるのか?
必ず確認しましょう。説明と書類を確認することが大変重要です。
浮気調査日までに日数がある場合、状況によって調査日が変更になることは多くあります。
キャンセルになった場合の負担については、十分な説明を受けましょう。
弊社の場合、前日までのキャンセルの場合、違約金を負担いただくことはありません。
但し、申し訳ございませんが、当日のキャンセルの場合、条件等にもよりますが、若干の負担をいただく場合があります。

・調査日の延期
浮気しそうな怪しい日に調査を考えていたが、色々な理由により延期と言うことも当然あります。
調査日を延期したい場合、何日前までに連絡すれば費用負担が無く済むのか?
その点も必ず確認しましょう。
弊社の場合、前日までにご連絡いただけましたら、費用をご負担いただくことはありません。
当日の場合、若干の費用をご負担いただく場合があります。
弊社も調査に合わせて、数名の調査員を準備いたしますので、当然人件費がかかってきます。
申し訳ございません。

7.調査ミス、バレル、見失う(失尾)
もちろん探偵が調査を行うわけで、そうそうミスはないかもしれません。
しかし、安かろう悪かろうやアルバイトの調査員が実際の調査を行ったりするところもあります。
また、この業界で多いのが、外注の調査委託です。
大手の探偵事務所でもこのケースが当たり前にあります。
契約時にきちんと説明する必要があるのですが、殆どのケース全くされていないようです。
先日来られた相談者も2社ともに明らかに外注の探偵事務所なのにも関わらず、全く説明が無かったとのことでした。
また、外注に調査を委託すると言うことは、個人情報もどこでもれるか?大変不安ですよね?
そういったことも事前に説明を求めましょう。
当然外注でしたら、調査内容もバラバラで、どの程度の調査が行えるのか全く分かりません。

先日ご相談に来られた方の話では、2社で調査をしたが、2社とも
・警戒され警察へ駈け込まれた。その後、当然調査はできず。しかし、その日の調査費用を全て請求された。
・調査開始後、すぐに見失う。翌日も調査をしていた為、当時と翌日の調査費用を請求された。
普通に考えてあり得ないですよね。このようなことを平気で請求する悪徳な探偵事務所が横行しているのも事実です。
弊社にはこのようなケースで相談をいただくことも多数あります。

弊社であれば、我々のミスによって調査の継続ができなくなった場合、調査費用をご負担いただくことはありません。
効果的な証拠が既に取れている場合は、そこまでの費用分を負担いただくことはありますが、基本的には、ミスの分を請求することは絶対にありません。
もちろん対象者がすごく警戒をして調査が非常に難しい場合もあります。
但し、それでも弊社のミスで調査が継続できない場合は、費用を負担いただくことはありません。

他社で、思うように調査結果が取れなかった場合、お気軽にご相談ください。
きっと効果的なご提案ができるものと思います。

相談の事例浮気調査 2019.06.07

浮気・不倫調査の料金NO.2

<探偵業界の他社事例>

探偵業では、統一された料金設定があるわけではありません。
探偵会社それぞれに料金の設定がバラバラです。
その為、契約の際は料金についてきちんと説明を確認することが大切です。

浮気・不倫調査など、行動を見る調査料金設定のパターン

1.時間での料金設定
探偵業界で行動を調査する場合、基本的には、時間単位での料金設定をしているとろが多いと思います。
1時間当りの料金がいくらなのか?
1時間当りの料金を換算するのか?
30分単で換算してくれるのか?
中には5時間単位で計算することろもあります。
(例えば、30分オーバーしても、5時間分の料金が加算される)←ぼったくり商売かと思いますが。普通に大手がこのような料金設定を行っています。

2.浮気・不倫調査の成功報酬制
成功報酬の定義は?
浮気・不倫調査の定義でいえば、不貞行為の証拠が取れることが「成功」と考えられるのが、普通でしょう。
ですが、我々業界もそれなりの時間をかけて人が動くわけですから、例えば不貞行為の証拠が取れたら成功とみなしての成功報酬制での契約をすることは、考えにくいのが実情です。
その条件で契約する探偵会社はまずありえないでしょう。
ネット上では浮気の証拠が取れなければ「0円」そんなキャッチで案内しているところありますが、実際には言葉巧みにごまかされてしまいます。
又はあったとしても、かなり条件が厳しかったり、逆に調査料金が結果的には加算でしまうことになるでしょう。
探偵会社も営業会社ですから、リスクの高い契約は結ぶことはしないです。
私自身も過去に、ご相談者様からお話をお聞きし、これならば数日調査をすれば必ず浮気の証拠が取れるだろうと考えて、成功報酬での契約をさせていただいたこともあります。
しかし、そのような契約をしたときに限って、対象者が思うような行動をしてくれない!
そんなことが多くありました。たまたまなのかもしれませんが。
その為、不通のご契約では、弊社では完全に成功報酬でお引き受けすることがありません。
仮にそのような契約をさせていただくことがあっても、条件等をかなり制約させていただくことになり、かえってご負担いただく金額が多くなることもあります。

3.1日は無料
基本的に複数の従業員が動くわけですから、無料はあり得ません。
探偵経営者側の利益を考えると、絶対にありえません。
結局はそれをネタに、別な条件の提示が色々とあります。
1日は無料ですが3時間までですとか、3日間の契約をしていただいた方を限定です。
色々な条件があります。1日で証拠が取れたから、無料!そんなことはりませんので、そのようなキャッチコピーに惑わされることの無いように十分ご注意ください。
無料をキャッチコピーで、結局はその分の費用も加算された料金設定となっているはずですので、条件等は必ず確認しましょう。
基本的に人が動くわけですから、無料はあり得ません。消費者をひきつける為のキャッチとお考え下さい。

4.パック料金
(パック料金の定義は、探偵会社それぞれで定まっているわけではありませんので、ご確認の上ご判断ください)
弊社(ガルエージェンシー)の場合(恐れくこれが普通と考えておりますが)
1日だけの調査料金より、お安く設定しております。
例えば
10時間、20時間、30時間等、10時間単位で設定しております。
1日のみの調査に比べ、色々と調整が可能となっています。
数日間の調査、調査時間が長くなるような調査の場合、パックでのご契約をお勧めしております。
10時間をオーバーするとすぐに20時間になるわけでは無く、その間も1時間単位で料金の計算をいたします。
これは結構重要です。探偵業の他社では、3時間単位とか5時間単位での縛りがあります。
どういうことかと言うと、
10時間を1時間でもオーバーすると、5時間分の料金となる
そんな会社が不通にあります。契約の際は長い時間話をされて、契約のことについてよく理解できないまま、言われるがままに契約してしまわれる方も多くいるようです。
それがある意味、戦術と考えている探偵会社も多くあるようです。

5.延長料金
当初の契約時間内で調査が終了するかは、実際に調査を行ってみないと分かりません。
5時間ごとの縛り(枠)があったり、1時間でも時間をオーバーすると5時間分の料金が発生する。
ガルエージェンシー新大阪・梅田キタ・大阪中央
での料金設定は延長料金は1時間単位で計算します。
それも調査状況をお伝えしながら、このまま調査を継続するか?
それとも打ち切るのか?状況に合わせて、ご相談、ご提案をしながら無駄な調査にならないようすすめていきます。

相談の事例浮気調査 2019.06.06

浮気・不倫調査の料金はいくらですか?NO.1

浮気・不倫調査の相談をいただく際、

一番多い質問は、やはり

「料金はいくら!?」

このような質問をまずいただくことが多いです。

それは、やっぱり心配ですよね。

殆どの方が、探偵に相談することが初めて

不安で、どうしようか藁をもすがる思いで相談される方がほとんどです。

「調査にいくらでもお金かけます。大丈夫ですから!」

そんな人、まずいません。

調査をしたいと思いもありますが「いったいどれくらいの費用がかかるのか!?」

それがまずは、心配ですよね。

探偵業を営んでいるものでしたら、

一般的に考えて、調査員がこれだけ拘束されるわけで、

リスクもあるわけで・・・

調査にかかる時間と同じぐらいの調査報告書を作成するのに時間もかかり、

色々と上げたらきりがないのですが

一般の方には、今一イメージがわかりにくいですよね。

探偵業のイメージ

普通のイメージとしてはルパン!?

探偵物語?

コナン?

シティハンター?

そんなイメージでいると、現実とのギャップが大きいですね。

いたって地味な探偵業です。

いつ出てくるか動き出すか分からないターゲット

冬の寒い中でも猛暑の夏でも何時間でも張り込みます、

1時間程度で済めばいいのですが、

24時間全く動きが無い場合もあります。

こんな忍耐、中々続けることができません。

その為、就職してもすぐに辞めてしまう社員もいます。

イメージが違ったと思うようです。

ガルエージェンシーでは、ガル探偵学校を卒業したものしか調査員として、雇用できません。

探偵学校でももちろん実習を行いますので、ある程度のイメージは感じてもらっているとは思うのですが、やはり現実とはじかうのでしょうね。

【浮気調査の料金】

ガルエージェンシーの浮気調査の場合、基本的には時間での料金となります。

調査の種類としては、行動調査となります。

対象者の行動を撮影しながら調査行います。

調査員は3名から担当することになり、対象者の交通手段に合わせて調査を進めます。

中には3名も必要なんですか?

と、お聞きになられる方もいらっしゃいます。

なぜ必要かと言いますと

・対象者に不審がられない為

・効果的な撮影を行うため

浮気調査の場合、対象者は大なり小なり、警戒をしている人がほとんどです。

「全く警戒をしていませんので」と言われても、さすがに全く警戒感の無い対象者はいないわけで、

やっぱり後ろめたいことをしている対象者ですから、普段は警戒をしていなくても、例えば女性宅へ入る際やホテルに入る際には必ず急に警戒しだします。

対象者がどのような行動をするのかは、調査になれた探偵でもなぜ?こんな行動をと思わされることも多々あります。

移動手段が徒歩、電車なのか?それとも車を使用するのかによっても当然調査方法がかわってきます。

浮気・不倫調査の料金はいくらですか?NO.2に続く

調査の事例浮気調査 2019.06.02

【妻の不貞行為を未然に防ぎたい】友人からの浮気調査の相談

依頼人イメージ

奥さん

弊社へ相談に来られる方は、浮気の証拠を掴んで、その証拠を突き付けて「即離婚!」そんない人ばかりではありません。

中にはよりを戻したい。

仲の良かったころに戻りたい。

本人も色々と至らなかったところもあるので、反省し、やり直したい。

きちんと向き合って話し合いたい。

浮気相手と何とか別れてほしいと願いながら相談に来られる方も多くいます。

もちろんそのような方にも色々とご協力させていただくことは可能です。

これまでも色々なケースで解決にご協力させていただきました。

通常はご依頼者様が浮気調査に同行するとこは遠慮していただいています。

現場にいて生で状況を確認したい。

もちろん気持ちも理解できます。

しかしほとんどの場合、ご遠慮いただいております。

決して好ましい結果にならないリスクの方が高いと考えます。

今回は、友人からの頼みで、妻の浮気調査相談をいただきました。

相談の内容は、妻の浮気調査

詳しく話を聞くと、

まだそんなに深い関係まで入っていない様子。

しかし、次に会う際、必要にホテルへ男が誘っている。
(スマホを盗み見してやり取りを全て把握)

ホテルへ一緒に入るようであれば、その時点で何とか食い止めたい。

そのような関係になる前に何とか食い止めたい。

そんな要望でした。

しかし、浮気の現場を見るとどうしても感情的になり

抑えることができなくなる。

そんな経験もこれまで何度も見てきました。

しかし友人の必至な思いも十分感じました。

何とか協力したいとの思いで、絶対に強硬に手を出したりしないことなど、細かい打ち合わせの上

今回は、引き受けることに。

私も友人のそばにいて、気持ちを落ち着かせるように落ち着かせながら調査を進めました。

調査対象者
年収
500万円
子供
二人
結婚歴
5年年

調査結果

調査、当日

土曜日の朝、自宅から調査を開始。

予定の時間通り、奥さんは自宅を出ました。

その日の外出の理由は、女子会。

仲の良い、ママ友との女子会とのことでした。

昼食して、夜もご飯を食べて帰る。

これまでは、そこまで長い外出はありませんでした。

ご主人は、かなり不安になっていました。

ご自宅の高槻からJRで、大阪駅へ

大阪駅近くで、男が合流、かなり親し気に食事をしている様子

随分と若い男

一見して、若い男に遊ばれている!?

そんな印象を受けました。

梅田界隈でウィンドウショッピング

ランチ・・・

歩いている時は手をつないだり、絡めたたり

その後、ホテル街の方向へ

奥さんやターゲットは数名の調査員が尾行

その後ろを、私と友人がかなり距離を開けて追尾しながら調査を進めます。

このような浮気調査の場合

対象者に不審がられないように調査を進めるのは当然なのですが、

周囲にも気を付けながら調査を進めます。

対象者に不審がられなくても、周りに不審がられたら

やっぱり浮気調査はうまく進みません。

とにかく周りに不審がられることが無く

浮気調査を行うことが大切です。

しばらくすると男性が奥さんの腕をつかみ強引にホテルの中へ

しかしすぐに出てくる

奥さんは何とか振り切ろうとしている雰囲気に見て取れます。

友人は気が気ではありません

走っていこうとするのを何度も引き留めながら調査を進めました。

何度か繰り返したのちに、観念したのか奥さんも一緒に中へ。

先程までと様子が違ったため浮気専属の調査員も慌ててホテル内へ

男性に、声をかけると二人ともにかなり驚いた様子

男はやばいと思ったのか走って逃げ去りました。

奥さんは最初、きも動転して、かなり怒っていましたが、

その後は落ちついて友人に支えられながら帰宅。

友人から数日後に連絡があり、

しばらくはギクシャクしていたようですが、何とか修復ができそうだとの内容でした。

このようにケースに応じては、色々な対処をすることも可能です。

浮気に関するカウンセリングも経験豊富な夫婦トラブルの相談員がご相談者様へ寄り添って問題解決にご協力致します。

勇気のいることでしょうが、色々とご協力できることもきっとあります。

まずはご相談ください。

調査内容とその結果…

調査の事例 2019.05.18

公示送達の為の「現地調査サービス」のご提案

依頼人イメージ

Yさん(弁護士)

弁護士・司法書士等士業者様向け

現地調査の概要
全国の調査が可能です。住居の現地調査をプロの探偵が調査いたします。
大阪からのご依頼で、全国一律の料金で調査が可能です!
現地調査の目的
•裁判所からの書類を送付しても受取が拒否され、処理に困っている
•裁判所から現地を確認するように要求されたが、遠隔地で対応が困難
•現地調査は信頼できるところへ頼みたい
•相続人に連絡がつかず相続処理が進まない
•直接訪ねて本人に事情を聞いて欲しい

調査対象者
会社経営者

調査結果

調査の可能事項
全国に100拠点を超えるガルエージェンシーが、面倒なお悩みにお答えさせていただきます。
□住居確認調査
□現況確認(外観観察、ポスト・郵便物の状況等)
□不動産所有状況、賃貸なら管理会社や管理人への状況確認
□近隣者への聞き込み(目撃情報、在宅時間、外出時間、乗り物の状況等の聞き込み)
□伝言通知(本人不在時)
□その他、ご要望に応じて対応可能です。
調査料金
全国一律:30,000円(税抜き)
但し、事務所から20㎞を超える場合は、交通費の実費をご負担いただきます。
お気軽にご相談ください。

調査内容とその結果…

相談の事例浮気調査 2019.04.28

どこの探偵の調査報告書なんでしょうか?

↑探偵、同業他社の調査報告書です。

どこの探偵の調査報告書なんでしょうか?

弊社には、同業他社の調査報告書を持参して相談に来られる方も多くいらっしゃいます。

その理由としては、様々なケースの方がいます。

<理由としてお聞きする事項>

・他社で十分に満足のいく結果が出なかった

・これ以上の調査ができないと言われた

・調査内容に不安を感じた

・説明に納得がいかない

・対応に不安を感じた

・探偵の調査とはこのようなものなのか?他社の話も聞いてみたかった

・写真が無く、文章のみの報告書だった

・黒だったら調査報告書を作成しますが、白だったら何もありませんと言われ、不安に感じた。そんなものなのか?

・複数の調査員が担当しているというが本当にそうなのか?不安に感じた

・写真が鮮明では無く、顔がはっきりしない

・警戒感が強くて、あえて写真を撮るのを控えたと言われ、全く写真が無い

・調査中に見失ったにもかかわらず調査費用を要求された

・キャンセルを申し出たが、応じてくれない。返金も無い

・契約時に説明の無かった金額の請求があった

・行動の詳細が無く、写真を数枚渡されただけ

・探偵の調査はこんなものだと言われ、不審に感じた

・面談時にサンプルとして説明を受けた調査報告書と全く違って、簡単なものだった

・アフターフォローができないと言われた

・弁護士の紹介ができないと言われた

・法的な知識が全くなく、調査後の相談に不安を感じた

・気持ちが理解してもらえていないんだなぁと感じた

色々な不安を感じながら相談に来られます。

そして、今回の持参された調査報告書

探偵会社の社名がありません。

どういうことでしょうか?

なぜ!?探偵社名が無いのか?

裁判などの証拠として使う際、どこの誰が調査したものか?

分からないようでは証拠能力ももちろん下がるでしょう。

裁判官や相手側の弁護士も不審がるでしょう。

そんなにその探偵社は自信が無いのでしょうか?

探偵社名の無い、調査報告書なんて、ガルエージェンシーでは考えられません。

<考えられる理由>

・逆恨みされたらかなわない?

・調査した探偵会社名を明かされるのが困る?

・責任を押し付けられるのが怖い?

・慰謝料の請求を受けるのが怖い?

・違法行為と訴えられるのが怖い?

・嫌がらせを受けるのが面倒?

ご依頼者様のお力になる為に調査しているわけですから、少々の逆恨みが怖くて探偵業はできません。

この仕事、正直なところ、色々なケースで逆恨みされることもあります。

ターゲットになる人にしてみたら自身が不利になるところを調査されて、確実な証拠を掴まれて、自信は大変不利な立場になってしまうのですから。

恨みたくなる気持ちが分からなくもないです。

もちろん我々は、ご依頼者様の絶対的な味方に徹します。

対象となった方は災難かもしれませんが、不貞行為をしていれば、違法な行為をしているわけですから、自業自得。

それを逆恨みされても困ります。

しかし、なぜ?調査を引き受けたにもかかわらず、社名すら入れない探偵会社の姿勢はいかがなものでしょうか?

そのような探偵会社を信用できますか?

私には到底理解できません。

多少のリスクがあっても堂々と社名を出すのは当たり前のことと考えます。

だからこの探偵業界が中々社会に認知されない。

理由の一つだと思います。

自身の仕事に自信を持つ、プライドを持つ、孫基本的な考えすら持ち合わせていないのでしょうか?

私は自信をもって、この探偵業を行っていますので、これからもご依頼者様を第一に考え、仕事に励みたいと考えます。