事例紹介

調査の事例浮気調査 2024.06.16

携帯電話のロックが厳重になった

依頼人イメージ

Kさん(妻/看護師)

■背景と依頼者様の不安

依頼者様はパートナーの行動の変化に不安を感じ、以前は簡単に見ることができた携帯電話が、突然ロックされるようになったり、パスワードが変更されたりする状況になりました。
依頼者様が尋ねても「プライバシーが大事だから」「仕事のセキュリティのため」などの理由が返ってくるが、その説明が納得できないため、探偵に依頼することを決意したそうです。

■初回相談と情報収集

探偵事務所に相談に訪れた依頼者様は、以下のような詳細な情報を提供します。

・パートナーの基本情報(名前、年齢、職業など)
・パートナーの携帯電話の使用状況や変化のタイミング
・以前のパスワードの知識と新しいロックの厳重さの程度
・最近の行動の変化や怪しいと思われる言動

■調査計画の立案

依頼者様から提供された情報をもとに、具体的な調査計画を立てます。
計画には以下のステップが含まれます。

1.行動監視
パートナーの外出時の行動を監視し、携帯電話の使用状況を確認します。

2.デジタルフォレンジック調査
携帯電話のデジタルフォレンジック調査を通じて、隠されたメッセージやアプリの使用状況を確認します。

3.証拠の収集
パートナーの怪しい行動や不審な連絡先との接触を写真やビデオで記録します。

調査対象者
パートナー(夫)
年収
1,000万円
子供
2
結婚歴
25年

調査結果

■調査の実施

1.行動監視
パートナーの外出時や自宅での行動を詳細に監視します。
特に携帯電話を頻繁に操作している時間帯や場所を特定します。
パートナーが誰と連絡を取り合っているのか、どのような内容のメッセージを送受信しているのかを観察します。

2.デジタルフォレンジック調査
専門のデジタルフォレンジック技術を用いて、携帯電話のバックアップデータや削除されたメッセージを復元します。
パートナーの携帯電話にインストールされているアプリや、隠しファイルの存在を確認します。
パートナーのオンライン活動(SNS、メール、チャットアプリなど)を調査し、不審なやり取りがあるかどうかを確認します。

3.証拠の収集
パートナーが特定の時間帯に誰と会っているのか、どのような場所に出入りしているのかを詳細に記録します。
不審な連絡先とのやり取りや、デジタルフォレンジック調査で得られた情報をもとに、浮気の証拠を集めます。

■調査の結果と報告

1.調査結果の分析
収集したデータを詳細に分析し、パートナーの浮気の証拠を整理します。
行動監視の結果、パートナーが特定の異性と頻繁に接触していることが確認されました。

2.報告書の作成
調査結果を詳細にまとめた報告書を作成し、依頼者様に提供します。
写真やビデオ、デジタルフォレンジック調査の結果を整理し、時系列に沿って報告します。

■調査後のサポート

1.結果の説明
依頼者様に調査結果を説明し、パートナーの行動が浮気によるものかを確認します。
浮気が確認された場合、依頼者様が取るべき次のステップについてアドバイスを提供します。

2.法的手続きのサポート
必要に応じて、収集した証拠を法的手続きに利用できるようにサポートします。
弁護士の紹介や、離婚調停などの手続きに関するアドバイスを提供します。

調査により、パートナーが携帯電話のロックを厳重にした理由が浮気によるものであることが確認されました。
探偵のプロフェッショナルなアプローチと詳細な証拠収集が、依頼者様にとって真実を知る手助けとなり、次のステップを踏み出すための貴重な情報を提供しました。
依頼者様は適切な判断を下し、関係の修復や新たな道を選ぶための一歩を踏み出すことができました。

調査内容とその結果…

調査の事例結婚調査 2024.06.08

経歴詐称の疑い?

依頼人イメージ

Aさん(女性/会社員)

Aさん(女性)はBさん(男性)との結婚を前提に交際していましたが、Bさんの経歴についていくつかの疑念を抱いていました。
特に、Bさんが有名な企業で高い役職に就いていると主張しているものの、具体的な業務内容や過去の職歴については曖昧にしか話さないことに不安を感じていました。
AさんはBさんの言うことが本当かどうかを確かめるため、調査を依頼することにしました。

調査対象者
Bさん(交際相手)

調査結果

■調査内容

①現在の職場の確認
Bさんが働いているとされる企業を訪問し、従業員名簿や内部の人脈を通じてBさんの在籍状況を確認しました。
企業の人事部門や同僚とのインタビューを通じて、Bさんの役職や担当業務についての詳細情報を収集しました。

②過去の職歴の確認
Bさんが過去に働いていたと主張する企業に連絡を取り、雇用記録を確認しました。
Bさんの過去の上司や同僚とのインタビューを行い、職歴の真偽を調査しました。

③学歴の確認
Bさんが卒業したと主張する大学や専門学校に連絡を取り、卒業記録を確認しました。
卒業証明書の真偽を確認するため、大学の卒業アルバムや学位証明書を調査しました。

■調査結果

①現在の職場について
Bさんが働いている企業に確かに在籍していることを確認しましたが、Bさんが主張していた高い役職ではなく、実際には中級の管理職に留まっていることが判明しました。
また、担当業務についてもBさんが語っていた内容とは異なり、日常的な管理業務に従事していることがわかりました。

②過去の職歴について
Bさんが過去に働いていたと主張する企業のうち、いくつかの企業には在籍記録がなく、Bさんが実際に働いていたという証拠が見つかりませんでした。
また、Bさんの過去の上司や同僚とのインタビューからも、Bさんが主張する職歴は虚偽である可能性が高いことがわかりました。

③学歴について
Bさんの卒業したとされる大学に確認したところ、Bさんはその大学を卒業しておらず、学位も取得していないことが明らかになりました。
Bさんが見せていた卒業証明書は偽造されたものでした。

■結論

Aさんは調査結果を受けて、Bさんが経歴を大幅に詐称していたことを知りました。
AさんはBさんにこのことを直接問いただしたところ、Bさんは経歴詐称を認めました。
Aさんは結婚を再考し、Bさんと信頼関係を築くために再度話し合うことを決意しました。

結婚は人生の一大イベントであり、パートナーの過去や現在の状況をしっかりと確認することで、将来のトラブルを未然に防ぐことができます。
経歴詐称は信頼関係を大きく損なう行為であり、結婚前にその真偽を確かめることは非常に重要です。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2024.06.01

深夜に帰宅する頻度が増えた

依頼人イメージ

Yさん(妻/パート勤務)

■背景と依頼者様の不安
依頼者様は、これまで規則正しく生活していたパートナーが、急に深夜まで帰宅しないことが増えたことに不安を感じ始めました。
理由を尋ねると、「仕事が忙しい」「同僚との付き合いが増えた」などの説明が返ってきますが、その真偽を確かめるために探偵に依頼することを決意したそうです。

■初回相談と情報収集

相談に訪れた依頼者様は、以下のような詳細な情報を提供します。

・パートナーの基本情報(名前、年齢、職業など)
・パートナーの勤務先や日常の行動パターン
・最近の行動の変化や怪しいと思われる言動
・具体的に深夜に帰宅する頻度やその理由として挙げられる言い訳

■調査計画の立案

依頼者様から提供された情報をもとに、具体的な調査計画を立てます。
計画には以下のステップが含まれます。

1.張り込みと尾行
パートナーがどのようなルートで帰宅するのかを把握するため、勤務先やよく出入りする場所での張り込みを行います。

2.行動パターンの分析
深夜帰宅の時間帯や頻度を記録し、パターンを特定します。

3.証拠の収集
パートナーが誰と会っているのか、どこで何をしているのかを写真やビデオで記録します。

調査対象者
パートナー(夫)
年収
750万円
子供
2
結婚歴
12年

調査結果

■調査の実施

1.事前調査
パートナーの勤務先や、深夜に訪れる可能性のある場所(飲み会の場所、カフェ、特定のアパートなど)を特定します。
パートナーが深夜にどのようなルートを通って帰宅しているかを確認します。

2.現地での張り込みと尾行
パートナーの勤務先や帰宅ルートに沿って張り込みを行い、行動を観察します。
深夜まで続く飲み会や会合が本当に存在するのかを確認します。
特定の場所で異性と接触している場合、その様子を写真やビデオで記録します。

3.行動の監視と記録
パートナーが何時にどこへ行き、誰と会っているのかを詳細に記録します。
記録した情報をもとに、パートナーが深夜に帰宅する理由が浮気によるものか、仕事や他の正当な理由によるものかを判断します。

■証拠の収集と報告

1.証拠の収集
探偵は、パートナーが特定の異性と会っている場面を写真やビデオで記録します。
パートナーの行動を時系列で整理し、どのようなパターンで浮気が行われているのかを明確にします。

2.報告書の作成
調査結果を詳細にまとめた報告書を作成し、依頼者様に提供します。
写真やビデオ、その他の証拠を整理し、時系列に沿って報告します。

■調査後のサポート

1.結果の説明
依頼者様に調査結果を説明し、パートナーの行動が浮気によるものかを確認します。
浮気が確認された場合、依頼者様が取るべき次のステップについてアドバイスを提供します。

2.法的手続きのサポート
必要に応じて、収集した証拠を法的手続きに利用できるようにサポートします。
弁護士の紹介や、離婚調停などの手続きに関するアドバイスを提供します。

探偵の調査により、パートナーの深夜帰宅の理由が浮気であることが確認されました。
探偵のプロフェッショナルなアプローチと詳細な証拠収集が、依頼者様にとって真実を知る手助けとなり、次のステップを踏み出すための貴重な情報を提供しました。
依頼者様は適切な判断を下し、関係の修復や新たな道を選ぶための一歩を踏み出すことができました。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2024.05.30

パートナーの仕事の出張が増えた

依頼人イメージ

Tさん(妻/専業主婦)

■背景と疑念の始まり

依頼者様は、パートナーの出張が急増し、連絡頻度が減少していることに疑念を抱かれました。
パートナーの言動や行動に不自然さを感じるようになり、浮気の可能性を考え始めたそうです。

■調査依頼の流れ

1.初回相談

パートナーの基本情報(出張先、出張の頻度、具体的な行動パターンなど)を提供。
依頼者様の抱える疑問や懸念を詳しくヒアリング。

2.調査計画の策定

依頼者様から得た情報をもとに、調査計画を立てます。
出張先のホテルや会議場所、予定されている活動のリストを作成。
調査の期間や具体的な方法を依頼者様と確認。

調査対象者
パートナー(夫)
年収
530万円
子供
1
結婚歴
9年

調査結果

■調査方法と実施

1.事前調査

パートナーの出張先のホテルや会議場所の確認。
出張先の地理的条件やパートナーの行動範囲を把握。

2.現地での張り込み

パートナーの出張先に赴き、ホテル周辺や会議場所で張り込みを行います。
パートナーがホテルにチェックインする様子を観察し、写真やビデオで記録。
出張中の行動を詳細に追跡(レストラン、カフェ、バーなど訪問する場所も含む)。

3.行動の監視

パートナーが異性と会っているか、どのような行動を取っているかを監視。
公共の場やホテルのロビーでの様子を記録。
必要に応じて、車の移動やタクシーの利用状況も追跡。

■証拠収集と報告

1.証拠の収集

写真やビデオでパートナーの行動を記録。
パートナーが異性と接触している場合、その状況を明確に捉える。
可能であれば、浮気相手の特定(名前や背景情報の確認)。

2.報告書の作成

調査結果を詳細にまとめた報告書を作成。
写真やビデオ、その他の証拠を整理し、時系列に沿って報告。
依頼者に調査結果を説明し、必要に応じて追加の調査や法律的な助言を提供。

■調査後のサポート

1.依頼者様へのフォローアップ

調査結果を基に、依頼者様に対して今後の対応策を提案。
カウンセリングや法律相談の手配をサポート。
浮気問題の解決に向けたアドバイスを提供。

2.証拠の活用

依頼者様が離婚や調停を考えている場合、収集した証拠を弁護士に提出。
調査結果を法的手続きに活用できるようにサポート。

調査により、パートナーの出張が実際には浮気のカモフラージュであることが明らかになりました。
探偵のプロフェッショナルなアプローチと詳細な証拠収集が、依頼者様にとって真実を知る手助けとなり、次のステップを踏み出すための貴重な情報を提供しました。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2024.05.15

浮気が原因!?突然、家を出ると言って、出て行った夫

依頼人イメージ

妻 専業主婦

夫、妻、小学2年生の子供男の子 3人暮らし
結婚して10年色々なこともありましたが、それなりに幸せな家庭を築いていると思いながら生活をしていました。
年に何度かは家族と一緒に旅行に行ったり、月に数回は外食することもありました。
しかし数日前に、突然「別居したい。このままの生活を続けていても先が見えない、もっと自分の生活を大切にしたい。」などと急に言い出しました。

そして、今月末には家を出て行くと、マンションの部屋も契約をしている。もちろん生活費は払う、養育費も払う。
しばらく離れて生活をすることで、お互いを見つめなおしたい・・
あまりにも突然で、子供もまだ小さいのにこれからどうするつもりなのか?なぜ?とそんな思いがありました。
最初は、浮気?と疑うようなことは一切ありませんでした。
夫はそのような性格では無いと思っていましたし、これまで女性がいるような印象を受けることは殆どありませんでした。

▼ご依頼主の希望

夫が急に出て行くと言い出して、別居をしたいと言い出す。
その為、まずは事実を知りたいと考えている。
浮気をしているのか?
本当に一人で住んでいるのか?
事実を知って今後のことを考えたい

▼相談内容

これまでの状況は、夫婦関係はそんなに悪くもなく、子供ももう一人作ろうと話をしたりもしていました。
夫もまんざらではない様子で、中々できないと検査や不妊治療を検討するような態度も示していました。
夫は公務員で、時間も定時に終わることが多く、帰宅するのも夜遅くなることは殆どありませんでした。

但し、休日には出かけることも多くありました。
テニスが好きで、テニススクールに入って、週末は天気のいい日は殆ど出かけて、朝出かけると夕方まで帰ってくることはありませんでした。
子供とは土日のどちらかに近くの公園に出かけたり、ショッピングセンターに出かけたりして、それなりに仲良くしていました。

夫は家事の殆どは任せっきりで、子育て、家事全て私がやることになっていました。
但し、それなりの収入もあり公務員で、リストラも無いと思っていたので、今の生活がこれからも続くものと特に何も気にすることもありませんでした。

平日は、毎朝同じ時間に出かけ、夜もほとんど同じような時間に帰宅していました。
但し、土日に出かけてからの行動はテニスはしているとは思うのですが、実際どのように過ごしているのか、
疑ったことも無かったため、スクールでテニスをしているものと信じていました。

離婚を考えている様子は無く、あくまでも別居生活。しばらく様子を見て、今後を考えたいとのことでした。
夫が出て行ったあと、家の中を色々調べてみると、気になるものが色々と出てきました。

・下着は全て奥さんが買っていましたが、何枚か見覚えの無いものがある
・夫の趣味とは思えないようなネクタイ、これも今までは私が買っていましたが、買った覚えはありませんでした。
・古い手帳を見ると、気になるマークが土日に書かれている
・女性からのプレゼントらしいメモ用紙
・自宅で使用していたパソコンを見ると、検索した履歴をすべて削除していることが分かりました。

平日は時間的に余裕が無い為、土日に本当は何をしていたのか気になるようになりました。
友人などに相談したところ、女性がいるのではないか?との意見ばかりでした。
それまで、疑うことが無かった私が、あまりにも馬鹿らしく感じました。

弁護士にも相談してみましたが、証拠が無い為何もできない、まずは事実を知らないとどうしたらいいかも判断できないでしょう?
と言われました。
冷静に考えると、その通りで、疑わしいと考えても事実がどうなのか?
まだ確認ができていない為、まずは事実を把握しようと考えて、弁護士にどうしたらいいか相談しました。
そうしたら、付き合いのある探偵事務所を紹介してもらいました。

探偵業界で最大手のガルエージェンシーでした。会社名は聞いたこともあり、弁護士からの紹介と言うことで、安心して相談してみることにしました。
電話で対応してくれた女性の相談員の方も、親身に話を聞いてくれたので、予約をしてまずは無料相談をしてみることにしました。
色々と話をして、アドバイスなどもいただき、これまでの気持ちも何か随分と楽になりました。
そこで、思い切って調査をしてみることにしました。

調査対象者
年収
600万円
子供
2
結婚歴
13年

調査結果

夫は出て行くとは言ったものの今住んでいる住所を教えてはくれませんでした。
そのうちに教えるとだけしかいいません。

その為、探偵さんが提案してくれた、勤務先からまずは退勤後の調査をしてみることにしました。
実際にどこに住んで、どのような生活をしているのか?

本当に一人で住んでいるのか?夫はこれまで一人暮らしの経験もなく、全く家事をしていませんでしたので、一人暮らしをすることにかなりの違和感も持っていました。

調査は夫の勤務先から調査を開始
敷地はかなり広い為、複数の調査員で対象者の夫の姿を確認する必要がありました。

対象者に不審がられず本人を確認することは当然ですが、勤務先の職員にも不審がられないことが大切となります。

これから数回同じように調査を行う可能性もある為、不審がられてはこれからの調査にも影響をする場合もあります。

そのようなことも考えると、一人や二人で調査をすることにはどうしても限界があります。

お聞きしていた定時の退勤時間の18時過ぎにご主人と思われる人物が建物内から出てくる様子が確認できました。

提供していただいた写真や特徴から、本人に間違いないと判断できましたが、念のため撮影した写真をメールにて依頼者様に確認していただき、間違いが無いと判断していただいた上、対象者の行動を調査します。

勤務先を出て、最寄りの駅に向かいました。

数駅後の〇〇駅で下車しました。自宅の途中の駅です。移動中の電車の中ではスマートフォンをずっと操作していました。

そのような様子も観察しながら報告します。

駅を出てしばらく行くと、スーパーに入り買い物を始めます。
しばらくすると、女性が近づいてきました。

するとにこやかに話をしながら買い物を続けました。

一人分としてはかなり多い食料品を買い、支払をする。

スーパーから二人で出てきて、しばらく歩いてマンションに入る。
調査員は、一緒に生活しているような雰囲気を感じたと言うことです。

一連の行動をご依頼者様に伝え、二人の様子も合わせて報告させていただきました。
しばらく調査を継続して、様子を見ることに、しかししばらくしても出てくる様子が全く無い為、本日は一旦終了することとしました。

そして、翌日の朝、出勤時の時間帯に合わせて、改めて調査を行ってみることに。

翌日の朝、調査を開始しすることに
朝、マンションをご主人と女性が一緒に出てくる様子が確認できました。

もちろんその様子も撮影します。
駅まで一緒に歩いて、同じ電車に乗る様子も確認できました。

勤務先の○○駅で一緒におりましたが、そこで別々に歩き出しました。
調査員はご主人と女性を別々に尾行調査を行いその後の行動を調査します。

別々に歩き出しましたが、結局はご主人と同じ職場に入っていく様子が確認できました。
その後、しばらくしてその建物に入り、確認をしたところご主人と同じ職場で仕事をしている様子も確認できました。

同じ職場の人と浮気をして、その挙句一緒に生活をしていることが判明できました。

一通りの状況が確認できたうえで、ご依頼者様にご報告し今後の調査についてご相談をさせていただきました。
今後の調査は、同じような調査を2日間行い、休日の様子も合わせて調査することとなりました。

また、女性の名前や身辺についても調査を行いご報告しました。
このような状況とは全く当初は考えていませんでしたが、結果を踏まえてよく考えて法的な手続きを進めるとのことでした。

相手の女性は、同じ職場で、趣味もテニスで意気投合したようです。週末は一緒にテニスをしている様子も確認できました。

>対策
離婚や慰謝料の請求を考えたいとのことでしたので、弊社の顧問弁護士を紹介して、一緒に相談へ行きました。
弁護士との付き合いも殆どの人が経験がないでしょうから、不安があれば同席して相談させていただくこともさせていただきます。

調査内容とその結果…

調査の事例盗聴器調査 2024.04.06

事務所内の盗聴機の調査依頼について

依頼人イメージ

会社経営者

事務所内の盗聴機の調査依頼について

・車内の情報が外部に漏れているような気がする。
・不審な社員がいるため業務に影響が出てきている。
・事務所内に盗聴器が仕掛けられているのではないか?と感じている。

調査対象者
事務所
年収
1,000万円
子供
3
結婚歴
5年

調査結果

<調査方法>

ご希望に応じて、社員のいない時間帯の調査をご希望でしたらそのように対応します。
・早朝の調査
・土日の調査
・深夜の調査 など

電話での打ち合わせや必要に応じて、事前に現地を確認させていただきます。

盗聴器発見の調査方法
・3~5種類の最新の調査機器を使用
・専任の調査員が目視にて調査、現在は稼働していない盗聴器も発見可能です。

機器による盗聴器の電波発信の有無を調査
盗聴器に使用されている電波の周波数に応じて調査を行います。
今の世の中色々な電波が飛び交っていますので、盗聴に関係している電波が無いかを調査します。

<調査料金について>

盗聴器発見の調査は、調査を行いたい場所の広さによって料金が変わってきます。
・3LDKのマンション
・2階建ての戸建て
・オフィスビル内の事務所
など、どれくらいの広さを調べたいとお考えなのかお伝えください。

また、どのように使用されているのかによっても変わってきます。
殆どものが置かれていない状態か
それとも事務所で机や電話が複数ある
自宅として使用しているなど

状況をお伝えいただけましたら費用のお見積りをさせていただきます。

調査員:2~3名
広さによって増員も可能です。

大阪周辺の調査はもちろん、出張での調査も可能

盗聴器が発見されて、撤去をご希望でしたら、撤去作業も行います。

<調査を行った結果>
・盗聴器が発見された場合
撤去作業も可能
誰が設置したのかを調べる必要がありましたら、調査も可能です。

・盗聴器が発見されなかった場合
盗聴器以外の原因が考えられる場合、現状をお聞きした上でどのようなことが考えらるのか
ご提案や費用のお見積りをさせていただきます。
業務に支障をきたしている原因の追究にご協力できるものと考えます。

ご不安なことがありましたらお気軽にご相談ください。

調査内容とその結果…

調査の事例社員の素行 2024.03.31

従業員の素行調査を検討「傷病手当金目的なのでは?」不審に感じています。

依頼人イメージ

会社経営者

[ ご相談内容 ]メールによる相談
従業員の素行調査を検討しております。
入社半月に満たない新入社員が欠勤続きで適応障害の診断書(1ヶ月の休業療養)を出してきました。
退職希望かと思ったのですが「辞めたくない」と言っています。
無給状態ですので本人に何のメリットがあるのかもよく分かりません。
仮病なのでは?とか、何か傷病手当金目的なのでは無いのか?上司も心配しております。
この従業員は人材紹介会社より入社しており、人材紹介料として約50万を支払う必要があり、
こちらとしては、仮病であることが確認できれば解雇もできるので、この従業員の日常生活や素行を知りたいと考えております。
概算で費用はどの程度係るものでしょうか。
これまでに探偵会社を使用したことが無いため、調査料金がどれくらい必要なのか不安もあります。
複数に相見積もりをお願いしているところですので、お許しください。
よろしくお願いいたします。

回答
初めましてガルエージェンシーの津田と申します。
この度はメールをお送りいただきありがとうございます。

メールを拝読しました。

状況は理解できました。
弊社ではこれまでも同じようなご相談をいただき、問題解決にご協力をさせていただいた実績がありますので、色々とご協力が可能と考えております。

素行調査は基本的に時間での料金となってきます。
どれくらいの時間調査を行うかによって料金が変わってきます。

<調査方法>
・対象者の行動を撮影をしながら調査を進めます
・調査員数:3名
・特殊な撮影機器を使用し撮影
・車両や自転車で移動する場合でも対応します
・最終的に、調査報告書にまとめてご報告
調査日にどのような行動をしたかが分かるように作成
もちろん法的な証拠にも使えるように作成
対象者に不審がられれないように、効果的な撮影を行うために調査員3名が必要となります。

<応答>

・探偵相談員
対象者(社員)は普段の移動は車を使用されますか?

・相談者様
車は持っていないため、徒歩、電車と思われます。

・探偵相談員
自宅には本人1人で住んでいるのでしょうか?

・相談者様
1人です。

・探偵相談員
普段の生活振りは全く分かりませんか?

・相談者様
最近の行動は全くわかりません。

・探偵相談員
何か趣味があったりしますか?

・相談者様
パチンコはよく行っていたようです。

・探偵相談員
かしこまりました。
もう少し確認したい点もありますが、お伝えいただいた内容にて調査費用のお見積りをさせていただきます。

<調査費用のお見積り>
1.1日のみの調査の場合
1日3時間の調査
調査費用:〇万円
延長料金:1時間当り〇万円円

2.パック料金、数日間の調査の場合
数日間でトータル10時間調査をした場合の事例
調査費用:万円
数日間に分けて調査時間を使うことが可能です。

「1」でご契約いただいた後に、状況に応じて「2」に変更いただくことも可能です。

個別にご相談いただけましたら、案件に応じてお見積りをさせていただきます。
ご相談は、電話(フリーダイヤル)、メール、LINE等でも可能です。

お気軽にご相談ください。

調査対象者
従業員
年収
1,000万円
子供
2
結婚歴
12年

調査結果

数日間の素行調査をさせていただき、特に生活に不便な行動は見受けられず、パチンコを頻繁にしている様子が確認できました。
移動手段は自転車を使用し、体に不自然な様子は一切ありませんでした。

その様子を動画で撮影し、状況証拠を取ることが出来ました。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2024.02.20

【夫の浮気調査】別れたと言っているが・・・気になる。うそをついているのでは!?

依頼人イメージ

妻 専業主婦

浮気調査を依頼したいです。(浮気が11月に発覚しました。その後、もう会っていないと夫は言っていますが信じられません)
2~3日に一度しか帰宅しません。
いつ帰ってくるか、帰ってこないかはわからず、連絡も事前にないので、どの日に調査すべきかなかなか決めにくいです。
このような場合、どのような調査をするべきなのでしょうか?
一週間ぐらい通して調査を依頼しなければならないのでしょうか?
その場合、費用はいくらぐらい必要でしょうか?
探偵を利用したことが無いため料金がどれくらいになるのかが全く分かりません。

他社にも相談してみたのですが、一日10万から20万必要と言われ、もし離婚や慰謝料の請求などの証拠として扱いたいなら、
ホテルなら2~3回、自宅なら3〜5回分の証拠がが必要と言われました。

どちらの探偵にお願いするか悩んでいるのですが家族が利用したことのある、ガルエージェンシーさんへ問い合わせをしてみた次第です。
よろしくお願いいたします。

調査対象者
年収
500万円
子供
2
結婚歴
12年

調査結果

ご主人の行動が分かりにくいためとりあえず3日間程度の調査を行うことにしました。
最初から1週間などの契約をしていただかなくても、調査結果を見ながらご判断いただいてもちろん大丈夫です。

<ご主人の特徴>
年  齢:42歳
職  業:会社員
仕事内容:営業、主に得意先回り
交通手段:車
勤務時間:9:00~18;00(残業あり)
休  日:土日

<調査方法>
調 査 員:3名
調査方法:車、バイクを使用
調査中は撮影しながらご主人がどのような行動がすべて分かるように進めます。

1日目
調査開始場所:勤務先
調査開始時間:17:30~

18:00過ぎに、ご主人が会社から出て車に乗る。
自宅とは違う方向へ進む。
30分ほど移動すると、コインパーキングに車を止める。
近くのマンションへ入る。
マンションへ入る際は周りを気にしながら入る。
何号室に入る様子も確認する。
マンションはオートロックでしたが、ボタンを操作してすんなりと入りました。
マンションはワンルームマンションで、賃貸物件。
表札などには名前の記載は確認できません。
ベランダ側からは部屋に明かりが点いていることが確認できる。
状況から女性の自宅マンションの可能性が高いと思われる。
この間の動きはすべて調査員が撮影をしています。
もちろんマンションへ入る姿も撮影しています。

この様子をご依頼者様へご報告
電話やメール、LINE等でご報告が可能です。
電話に出ることが出来ない、子供がいると電話で話ができない等の場合、LINEでのご連絡も可能です。

ご主人が入ったマンションの住所をお伝えして、覚えが無いか?確認。
全く見当がつかない。
との返事
現実を目の当たりにすると少し動揺している様子です。

今日はこのまま出かけないかもしれませんが、もうしばらく様子を見ることに。

しかし、約2時間張り込みを行いましたが、出てくる様子がないため、本日は一旦終了し明日の朝、調査を再開することとしました。

2日目
昨日入ったマンションから調査を開始
7:00~開始

8:00過ぎにご主人と女性がマンションから出てくる。
ご主人の車に乗る

10分程度進むと、コンビニの駐車場に車を止めて、入る。
パンや飲み物を購入
車に乗り、購入したものを食べる様子を確認
約5分後に車で移動
会社近くのコンビニの駐車場に止まる
女性だけが車から降りる
ご主人は車で会社へ向かう。
女性は徒歩で、同じ会社へ入る。

女性の顔もはっきりと撮影しています。

ご主人の浮気相手の女性は同じ職場の女性でした。

今朝の状況をご依頼者様に報告
LINEで女性の写真も送ります。

恐らくこのようなパターンを繰り返しているものと思われます。

その後、今回のような調査を3日間行い、土日の行動を調査しました。

土日には二人で車で出かけてショッピングなどをしている様子も確認しました。

相手の女性の名前も判明し、調査は終了。

平日の調査はかなり効率よく調査もできましたので
考えていた予算よりも随分、安く十分な証拠を取ることが出来ました。

調査報告書にまとめる作業に数日間をいただき、ご依頼者様に報告。

実際に写真を見るとかなり動揺もされていましたが、女性の相談員とも話をすることによって気持ちが楽になったとおっしゃられました。

今後のことについて弁護士にも相談したいとのことでしたので、夫婦トラブルを積極的に活動している弁護士を紹介もさせていただきました。
弁護士事務所選びもかなり面倒ですので、安心していただけたものと思います。

弊社は探偵会社ですが、調査だけではありません。
相談、カウンセリング、アドバイス、アフターフォローなど色々と応じることが可能ですので、お気軽にご相談ください。

「あなたにお願いして良かった」ていただけるよう精一杯、あなたに寄り添うことをお約束します。

調査内容とその結果…

調査の事例結婚調査 2019.09.18

息子が2人の女性と…

依頼人イメージ

Kさん(ご子息の母親)

息子(25歳、外資系保険営業)の交際相手 (25歳、保育士)とは、8年前から家族ぐるみの付き合いで、結婚を前提に話を進めていた。
そんな折息子に、彼女以外にも付き合っている女性(R)がいると打ち明けられた。
Rさんに妊娠報告をされて、慌てて相談したという。Rさんとはもちろん面識がないため、どのような女性なのか(特に妊娠の真偽)を知るために相談した。

調査対象者
息子の交際相手

調査結果

結果は詐欺に近いものでした。
ご子息の実家がかなりの資産家だということを知ったRさんは、妊娠したと嘘をついて結婚を迫ったのです。

当然、産婦人科への通院歴もありません。しかも別の男性と同棲状態にありました。
顔がはっきりと判別できる写真付きの証拠(調査報告書)を見せたところ嘘を認めました。「もうご子息に付きまとわない」という念書を書いてもらい、トラブルを回避できました。

調査内容

妊娠が真実なら、ゆっくり構えている時間はありません。ご依頼者様と協議した上で、特例的にご子息に女性についての聞き取りをさせていただきました。
ご子息がRさんから聞いている家族構成ほか、Rさんが家計を支えていること、妊娠3か月であるといった話をもとに、調査を進めました。

ご相談者様の声

詐欺に近いことをしたRさんへの怒りはあります。
それ以上に、息子の貞操観念といいますか、だらしなさに情けなくなりました。
本来の婚約者との結婚式までに、性根を叩き直してやろうと思います。

調査内容とその結果…

調査の事例結婚調査 2019.09.18

接待が多いから、平日は連絡をとりづらいと主張する婚約者

依頼人イメージ

Hさん

友人から、男性(33歳、製薬会社)を紹介されたHさん(30歳、アパレル)。
男性は明るく、さばさばとした性格で、仕事に対する態度も真面目そのもの。勤め先は国内有数の製薬会社。安定性・年収ともに不安がなかったため、交際半年後のプロポーズをOKした。
結婚の話が具体化するにつれ、「仕事柄接待が多い。平日は連絡自体、あまりできないよ」という説明に不安が増し、どうせなら納得して結婚したいという思いから相談を決めた。

調査対象者
婚約者

調査結果

仲の良い同僚の証言で、語学に長けて勤務態度もよく、Hさんが聞いている通りの評価を受けていることがわかりました。
大学教授の父親、一流大学に在籍する弟など、ご家族の経歴も申し分ありません。
しかし、「平日は仕事で連絡が取れない」という主張の裏に、信じられない事実があったのです。
この男性、週の半分は風俗店に通うたいへんな「風俗マニア」。
ファッションヘルス、ソープランド、そのほかマニアックなお店を網羅、指名する相手は若い女性ばかりでした。
調査結果をお伝えすると、その病的なハマりようにいっぺんに気持ちが冷めてしまったとのこと。調査結果をつきつけて、別れを切り出したそうです。

調査内容

経歴の真偽・年収額などの調査と合わせ、平日の素行を調べました。

ご相談者様の声

男性ですから、そういった場所に行くこともあるかと思います。
でも、週の半分、しかもお相手は若い女性ばかり…。生理的に無理!
言い方は悪いのですが、病気も心配ですし、子どもができたときに家計を圧迫するのではないかという不安もあります。
調査をしていなかったらと思うと、ぞっとします。

調査内容とその結果…

調査の事例結婚調査 2019.09.18

肝心な話をはぐらかす、次女の婚約者

依頼人イメージ

Aさん(次女の父親)

次女(26歳、商社事務)が、男性(32歳、銀行員)と交際している。
東京の大学を卒業後、そのまま東京の企業に就職した次女が、大阪へ帰省する際に男性を連れてきて、顔を合わせた。
そのとき、将来どこに住むのか、仕事はどんなことをしているのかなどを聞いたが、どことなく歯切れが悪く、誤魔化されているような印象を受けた。
次女に聞くと、相手の親に会いたいと言っても、断られるという。
交際期間が短いながら、次女が結婚を意識していたこともあり、相談したいと思った。

調査対象者
次女の婚約者

調査結果

経歴や職業に嘘はなく、勤務態度も良く、退社後はまっすぐに帰宅していることがわかりました。
調査期間半ばでは問題なしと思われましたが、その後、過去に結婚していた事実と、子どもがひとりいることがわかりました。
離婚、離婚相手との間に子どもがいる、そのことに良い・悪いはありません。
しかし、その事実を隠していたことは、交際相手に対し誠実とは言えません。
調査結果をふまえてAさんは、交際中止を娘さんにすすめたとのことです。

調査内容

公的書類などから婚姻歴や子どもの有無、次女が聞いている経歴の真偽に加え、銀行での勤務態度、普段の素行を詳細に調べました。

ご相談者様の声

思い過ごしであればと思いつつ、調査を依頼しました。結果を知って言葉がでませんでした。
娘と出会うまでの人生を、包み隠さず報告しろとは言いません。ですが、黙っていて良いことと悪いことはあります。
結婚してから打ち明けられていたらどうなっていたかを考えると、やはり調査をお願いして良かったと思います。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.09.18

女の勘で浮気を確信、ネクタイが派手になった旦那

依頼人イメージ

Rさん(専業主婦)

夫の帰宅時間が遅くなり、夕食はいらないと言われることが増えた。
外食に比例するように、服装が派手になり、お金遣いも荒くなっている。
3年前にも浮気をしたことがあり、そのときはすぐに認めたが、今回は頑なに認めようとしない。

調査対象者

調査結果

ご相談いただいた時点で、「2回目の浮気は許せない。証拠が取れたら離婚します」と決めていたご相談者様。
1度目の調査をもとに調査報告書を作成したところ、「1回の証拠だけではどんな言い訳をするかわからない」と、2回目の調査をご依頼下さいました。
結果、同じ女性との浮気現場をもう一度収めることに成功。
弁護士への相談と、浮気相手への慰謝料請求のために内容証明郵便を発送する準備をしています。

調査内容

ご相談様が疑っていることを旦那様が知っているため、迅速な対応が必要でした。
土日がお休みで、特に金曜日の夜の帰りが遅いとのことから、金曜日の退社時間に合わせて調査を開始。

金曜朝

  • 調査対象の夫が会社を出た時点から尾行を開始
  • 電車で会社最寄り駅からA駅まで移動。
  • 改札を出た後しばらくして携帯電話を使用したところ、女性が駆け寄る
  • 調査対象と女性は、手をつないでレストランへ
  • 1時間後レストランを出た2人はホテルへ向かう。ホテルへ入ったところを撮影
  • 約2時間後、ホテルを出てA駅へと戻る。ホテルから出たところを撮影
  • A駅での別れの際には、人目をはばからずキス。その様子も撮影
  • 女性の所在地を特定するため、女性を尾行。住宅に入る様子、表札を確認

ご相談者様の声

浮気をある程度確信していて、「許さない」と気持ちを固めて調査をお願いしました。
とはいえ、調査報告書を見たときには、泣いてしまいましたね。
しっかりとした証拠を2冊も作ることができたので、リスタートに向けて有利に交渉を進めたいと思います。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.09.18

「今日、調査をお願いできますか?」朝4時のご相談

依頼人イメージ

Kさん(妻/共働き)

ご相談者様は、「もしかして、浮気では…」という疑いを以前から持っていたとのこと。
夫はこまめに携帯メールを削除しているため、いつ相手の女性と会っているかがわからなかった。
たまたま、消し忘れていたメールを見たところ、明日(電話をした当日)会うことがわかったため、急ぎ依頼の電話をかけた。

調査対象者

調査結果

通常は、当日の依頼はお受けすることが難しいです。事前に顔写真などからご本人様確認を行い、調査方法・料金・契約方法などをご説明し、ご納得いただく必要があるからです。

しかし、迷いに迷って朝4時に電話をしてこられた点からも、お困りの度合いを察することができました。
とにかく事務所へお越しいただき、猛スピードで通常のご説明を行い、調査にのぞみました。
メールの内容のとおり、浮気相手と合流した調査対象。
弁護士をご紹介し、離婚手続きを進めていらっしゃいます。

調査内容

当日会うことがわかっていたため、調査対象が家を出るところから調査をスタート。

金曜朝

  • 調査対象の夫が自宅を出た時点から尾行を開始
  • 自動車でY駅へと移動、同駅で女性と合流
  • 調査対象と女性、地元の観光地方面へと車を走らせる
  • 2時間後、観光地へ到着。車を停め、観光地を散策。レストランで食事を楽しむ
  • ひととおり観光を終え、再び車に乗り込む。
  • 郊外のラブホテルへと向かい、2人で入室。その様子を撮影
  • 約2時間後、ホテルを出て車に乗り込む。その様子を撮影
  • Y駅近くにある女性の自宅まで送り届けた後、解散
  • 女性が住宅に入る様子、表札を確認

ご相談者様の声

長年のもやもやが晴れ、あのとき勇気を出して電話をかけて良かったと思います。
朝4時という時間にも関わらず、眠さを一切感じさせない対応に好感を持ちました。
車の免許がなく移動手段がない私のために、自宅近くまで無料出張というかたちで迎えにきて下さったことも、

とても助かりました。離婚成立まで長い道のりですが、がんばっていこうと思います。。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.09.18

疑いを晴らすために覗いたメールが決定打に…

依頼人イメージ

Mさん(専業主婦)

仕事の関係で使うくらいで、以前はメールですらほとんど使っていなかった携帯電話を、肌身離さないようになった夫。 罪悪感を覚えつつも、携帯電話を確認すると、明らかに浮気をしている内容のメールを発見した。

調査対象者

調査結果

都度、調査対象の様子をご相談者様に報告。調査結果を提出したところ、

動揺され、すぐにはこれからどうすればよいのかを判断できないご様子でした。
浮気相手の女性へも慰謝料を請求したいとのご要望から、女性の名前と住所の調査も行いました。
ご紹介した弁護士やカウンセラーとの対話から、最終的には離婚を決意。
弁護士とともに、離婚と慰謝料請求のための内容証明郵便発送などの手続きを始めています。

調査内容

浮気相手の女性とのメールで、泊りがけの旅行にでかけると知り、週末に調査を実施。

土曜朝

  • 調査対象の夫が自宅を出た時点から調査を開始
  • 最寄り駅からS駅へ向かう
  • 新幹線の改札前で女性と合流
  • 同じ新幹線に乗り込み、車内での親密な様子を撮影
  • T駅下車、タクシーでAホテルへ向かう
  • ホテルフロントで荷物を預けたのち、周辺を観光 
  • ホテルへ戻り、夕食のためレストランへ
  • Aホテル宿泊

日曜朝

  • ホテルから出てきた様子を撮影

ご相談者様の声

調査報告書を開いた時、予測していたとはいえ、頭が真っ白になり言葉がでませんでした。
まだ子どもが小さいので経済面での不安が最後まで残りましたが、結婚生活を続けることは無理だと考え、最終的に離婚へと踏み切りました。
クオリティの高い調査報告書が裁判の際に十分な証拠となり、母子の生活を守る結果を出すことができました。

調査内容とその結果…

相談の事例結婚調査 2019.08.23

探偵の【結婚(前)調査・身辺調査】に関する調査・相談の事例・どういったことを調査するのか?

・はじめに、探偵社ガルエージェンシーの考え方です。
まずはご相談者様のお話をゆっくりとお聞きすることから始めます。
ご相談者様に寄り添い、どのようなご協力ができるか?
一緒に話をお聞きしながら、最善の方法をご提案することをお約束致します。

それでは、ご説明させていただきます。

結婚(前)調査最近の傾向
従来は、親御様からのご相談・ご依頼が圧倒的に多かったのですが、最近は当人からのご相談も多くなってきております。
出会い系でのアプリ(マッチング)で知り合って、お付き合いをしたが、色々な面で不審に感じるところがある。

<結婚(前)調査の相談者が不安に感じた事項>
・ひょっとして、既婚者では無いか?
・土日に会うことを拒否される
・自宅を教えてくれない。色々な不自然な理由と言って
・身分証明を見せてくれない
・名刺を見せてくれない
など、本人の個人情報に関することには拒否する傾向があります。
普通の交際相手で、男性であれば女性が自宅に来ることを拒否することは考えにくいですね。
一般の人はきっとうれしく感じるはずです。
結婚(前)にそのような行動をとる場合、何らかの疑いを持ってもいいかもしれませんね。

<探偵が行う一般的な結婚(前)調査事例・項目一覧>

□一般的な結婚(前)調査事項
・経歴(職業、学歴など)
・交友関係(男女の交友関係等)
・生活振り、経済状況など
・風評(自宅周辺、勤務先等)
・釣り書や身上書を交わされているか
・思想・宗教(各宗派など)
・健康状態
・家族構成
・婚姻歴
・人柄、性格
・異性関係
・趣味、嗜好など
結婚(前)に当たり釣書(身上書)とは、関西ではまだこのような風習が残っているようです。かなり地域での格差があるように感じます。
ちなみに私の生まれた地域では、殆ど聞いたことがありませんし、今でもそのような風習は内容です。
結婚前に傾向としては、富裕層な家系、代々続いている家系、地主の方などに傾向が強いように感じます。
しかしこのような風習は、関西でも少なくなってきているようです。
やはりこのような風習が差別につながると考える傾向にあるからだと思います。
但し、今の世の中、様々なトラブルがあるのも事実です。
結婚詐欺の被害に合われた方の話をお聞きすると、最初から騙すつもりで言葉巧みに近づいて、うそで固めて騙し通す。
そのような輩もいくらでもいます。世の中そんなに悪い人はいない、これまでそんな人と関わったことが無い、普通にまじめに見えた。
普通はそう感じることが多いと思います。しかし、出会いを求めている人の中には最初から遊びと考えている人の割合がかなり高いのが実情です。
特に、スマートフォンでの出会い系アプリや結婚を目的を真剣に考えているふりをして、実は最初から出会いを求めて、遊びたい。
・女性との出会いを気軽に都合よく遊びたい
・気軽に不倫を楽しみたい
・たまには夫(妻)以外の人と楽しみたい
最近は、男性だけではなく、女性の方も非常に増えています。
独身の方、主婦の方抵抗感が少なくなっているのではないでしょうか?
本心にまじめに結婚を前提に考えている人とは違って、遊び。
そして、本人の個人情報は明かさない。
そのようなトラブルの相談を多くいただくようになりました。
そのようなことにならないように、不自然に感じたことがありましたら、お気軽にまずはご相談ください。
探偵が、第三者的に、冷静に判断しご意見を提案させていただきます。取り返しのつかない前に、是非ご相談ください。

□結婚前に交わす釣書(つりしょ、つりがき)身上書とは、
若い人には全くなじみのない名称ですね。私もこの仕事をするまでは聞いたことがありませんでした。
他の地区のことはよくわかりませんが、関西ではまだまだ、この風習が残っています。
縁談・相手に提出する自己紹介の書面。主に経歴・家族構成・住所などが書かています。
結婚前に家族の名前、生年月日、学歴、職歴などが主な事項です。
本人からみたら、祖父母、両親、兄弟(姉、妹)のことについて書いていることが多いようです。
中には戸籍を添えて交わされる方もいるようです。

□結婚前に最近のトラブルのケース
・まじめな女の子だと思っていたが、夜の風俗の仕事をしていた
・他に複数の男性(女性)と親しくしている人がいた
・ギャンブル癖があり多額の借金がある
・お金を貸して欲しいと何度も執拗に要求されるようになった
・お金が必要と言って、色々な理由を言ってくるようになる。親が病気、事故をした、会社のお金を使い込んだなど
・アルコール依存症でお酒が入ると別人になる
・離婚歴があることは知っていたが、DVのうわさを聞いた
・離婚の理由をうそを言っているのでは?性格の不一致と言っていたが実は浮気が原因?
・子供がいるのではと疑われる
・金銭トラブル
・同じ職場の同僚との不倫(最近の風潮として不倫に殆ど抵抗の無い人が多くなってきているように感じます。芸能人のメディアでの影響でしょう。)
・社内で他の人とも交際をしているのではと噂を聞く。
・会社の上司とかなり親し気で、怪しく感じる
・挙式がまじかになっても、両親や知人、友人を紹介しようとしない。
・他人の戸籍を見せて、既婚者であることを隠して、独身となりすまされた。
・相手の勤務先は上場会社で安心していたが、トラブルを起こしてやめており、現在はフリーターだった。
・結婚紹介所で知り合って付き合いだしたが、結婚の話を具体的にしようとすると色々とはぐらかされる。
・バツイチだが、離婚理由に不安を感じている。本当の理由を知りたい。

※探偵社ガルエージェンシーは、人権差別に係る調査は一切致しませんので、どのような調査が可能で、どのような調査が違法な行為になる可能性があるのかご相談時に丁寧に説明をさせていただきます。
現在、結婚前の調査に関しては、個人情報の問題や差別にかかわる事項も多い為、非常にデリケートな調査となります。
その為、事前にご相談いただくことをお勧めします。
何でもできます!と安易に返事をするような探偵会社があったらご注意された方がいいかもしれません。
後々、トラブルになる可能性がありますのでくれぐれもご注意ください。

□結婚はご本人だけのものではありません。
お互いの家族、親戚などこれから色々と関わってきます。
これまで色々なケースにかかわってきましたが、
・本人同士はうまく夫婦生活ができていても、親戚などのトラブルで離婚に至った。
・両親や兄弟に新興宗教を必要に進められてやむなく離婚
・夫(妻)の浮気性がひどい
・ギャンブル好き
など、結婚して分かることも多くあります。
また、中にはどう考えても、財産目当て。
これからの生活に不安がある為、分不相応の相手に見えてしまう。
色々なトラブルが考えられます。

□結婚に関する調査をするのは?興信所?探偵はやらない?
そう考えている方が関西には非常に多いように感じます。
・興信所
・探偵事務所
どう違うのか?
実情は全く違いがありません。
ですが、結婚に関する調査をするのは興信所だと考えている方が、特になのでしょうか?関西、大阪の方には非常に多いと感じます。
お電話いただく際も、「そちらは、興信所ですか?」と聞かれる方も多くいます。
関東の方に聞くと、興信所と言う呼称はもう「死語」だ、と言う人もいます。
ですが、実際は全く同じ仕事をしています。
細かいことを言うと、企業を専門に調査している帝国データバンクや東京商工リサーチさんなどは、興信所と言う名称で呼ばれます。
同じ調査会社ですが、個人に関する調査は一切されていいません。簡単な代表者についての調査位で、一般の個人の調査はされていません。
そのため、個人の結婚に関する調査を行うのは弊社のような探偵事務所、興信所となります。

そこで、実際に結婚に関する調査をしようとした場合、どうしたらいいのか?
・結婚前の調査を大阪で考えているがどこに相談し、依頼をしたらいいのか分からない
・結婚に関する調査を得意にしている興信所、探偵、はどこなのか分からない
・どこに相談したらいいのかもわからない
・結婚相手の経済状況がどの程度なのか不安で知りたい。贅沢はある程度限度はあるかもしれないが、貧困にはなりたくない。
・結婚を考えている相手の女性(男性)関係が気になる。身辺的なことが気になる。
・実家が大阪と聞いているが、住所を押しててくれない。なぜなのか気になる。
・親から聞いたが結婚に関する調査を依頼するのは興信所?なのか
・結婚相談所、パーティで知り合った。そんな人を調べたい。
知り合っても間が無い為、相手のことがよく分からない。あまりしつこくプライベートなことを根掘り葉掘り聞くと、嫌われそうで不安。でも、知らなさ過ぎても不安がある。
・結婚する前に相手の方について知っておきたい。第三者から見てどのように感じるのか、自身ではそんな新居にならなことでも第三者はどう感じるのか意見を聞きたい。不安に感じる点もある。

□結婚前の調査は、探偵・興信所の調査はどのように進められるのか?
色々と不安を持って相談に来られる方が多くいます。
・相手に調査をしたことが分かってしまうと、婚約が破談になってしまわないか心配
・内緒で調べることに対して申し訳ないと思ってしまう。
一番不安に感じることが、相手に分かってしまうのではないか?と言う不安でしょうか。
ご安心ください。探偵・興信所の調査は、全て相手に分からないように調べていきます。
専門的には、内偵・内密の高機密調査となりますので、調べていることを相手の方にはもちろんですが、周囲の方に知られることなどは一切ありません。
皆さまに安心してご利用頂いております。

□結婚前の調査に、結婚前に探偵・興信所の無料相談
探偵に相談すると、すぐに契約を強要されるのではなかい?
そのように不安を感じている人は非常に多い容易です。
確かに、ゆっくり相談を聞いてくれるというよりは、とにかく調査の説明ばかりを優先して、中々寄り添って話を聞いてくれない。
他社に相談に行ったがとにかく契約ばかりを要求され、契約をしないと返してくれない!
そんな勢いだったと相談に来られる方も多くいらっしゃいます。
弊社はそのようなスタンスは取っておりません。
まずはご相談者様から状況を詳しくお聞きして、どうしたら問題を解決することができるのか、親身に寄り添いご相談をお聞きすることが大切と考えています。
決して、契約を強制するようなことはありませんのでご安心ください。
探偵や興信所を利用する、ましてや相談しようとしてもよくわかりませんよね。
インターネットで検索してもかなりの数の会社があり、どこが信用できる会社なのかよくわからない。
探偵や興信所を利用することは、そうそうないでしょうからいざ、探偵に相談しようとしてもどうしたらいいのかよく分からない。
そんな状況でしょう。
あまり、周りの人にも探偵に調査の依頼をして、どうだった!?などと話したりすることはまずないですよね。
話しにくいことが圧倒的に多いでしょう。
探偵会社には無料で相談ができるところも多くあります。
専属の相談員がいるところも。
まずはそのようなところへ相談してみてください。
もちろん短手者ガルエージェンシーも相談は無料ですし、経験豊富な専属の相談員がいます。
女性の相談員も在籍しています。まずは勇気を出して、一度ご相談ください。

調査の事例浮気調査 2019.07.14

浮気・不倫調査:夫は単身赴任、その間に浮気を繰り返していた妻

依頼人イメージ

相談者:40歳男性 職業:会社員

相談者の夫は約5年前から転勤や出張が多く、単身赴任や自宅を留守にすることが多くなる。
この5年間は月に数日しか自宅に戻ることができない状況でした。
自宅では、妻と小学生の娘の二人暮らし、近所に夫の実家があり子供の面倒を見てもらうこともある。
妻は専業主婦で、パートなども一切せず夫の収入で生活をしている。

状況
1年前位から不審に感じることが多くなる。
・自宅の電話に出ないことがあり、留守番電話が多くなる
・夜に自宅へ電話をしたり、携帯電話へ電話をしても留守やつながらないことが多くなる
・娘も自宅にいないのか?いたら電話には出るはず。実家にでも行っているのか?と考えていた。
理由を自宅に戻った際に聞いてみると
・ママ友と食事に行っていた
・夫の実家に一緒に訪ねていた
・娘と一緒に外食していた
などとの返事
娘に話をすると
・お母さんが夜遅くに帰宅することが多くなった
・学校から帰って、晩ご飯を用意してくれているが、留守の日がある
・一人でお父さんの実家に行くことが多くなった
・土日にお母さんが出かけることが多くなった
・お母さんの服装や化粧が派手になった
など、気になる印象を受ける。
娘は、私が自宅を留守にすることも多く、母になついている為、私に話しずらいこともあるようで、言葉を選びながら話す印象を受ける。
それでも何か妻(母親)に対して不審な感情を持っている、前とは違うように思い始めているような様子を感じる。
やはり妻の行動に不審な行動を感じる。
帰宅した際に妻の手帳を見てみると、手帳にいくつかの記号が書かれていることに気が付く、ハートマークやイニシャル。
電話をして留守だった日には、ハートのマークや赤色のマークが確認できる。
時間帯も夕方や夜、土日の予定も目に付く、やはり不審な印象を受ける。
色々と考えた末、自身では留守がちでもあり、探偵会社に相談することにする。
インターネットで検索して、ガルエージェンシーへ電話する。

相談内容
・妻の週末の行動が知りたい
・出かけた際にどのような人物と接触しているのか?浮気をしているのか、事実を知りたい
・交通手段は車、徒歩、電車、自転車、タクシーを使用することもあり

調査対象者
妻(38歳)
年収
700万円
子供
娘(10歳)
結婚歴
13年

調査結果

調査のご提案
・週末の行動を調査し、実際にどのような行動をして誰と接触しているのかを調査
・調査は撮影をしながら進めて、接触者がいればしての顔も分かるように撮影をします
・その日の行動が時系列に分かるように調査を進め、最終的に調査報告書にまとめてご報告します。
・調査当日は、調査の状況は随時連絡をしながら、調査を進め、接触者がいれば、メールやライン等で写真をお送りすることも可能です
・写真をご覧いただくことでどのような人物なのかも確認が随時可能です

調査内容
話し合いの上、週末にご自宅から調査を行うことにしました。
夕方、奥様とお嬢様と出てきて、お嬢様を実家に送った様子で、奥様は一人で出かけました。
タクシーに乗って、繁華街で下車
すぐに男性と合流、かなり親し気の様子でした。
手をつなぎながら居酒屋に入りました。
2時間度一緒にいて、お店を出てきました。
二人ともかなり上機嫌で、酔っぱらっている感じでした。
手をつないで、路上でキスをする様子も確認でき、もちろんその様子も撮影しました。
その後、しばらく歩いて、ホテル街へ・・・
コンビニによって、お酒やおつまみを購入し
ラブホテルへ入りました。

その様子も、もちろん撮影し、ご依頼者様へ報告しながら調査は進めます。
時間帯にもよりますが、泊まる可能性が高いのか?それとも数時間の休憩か?
ホテルのプランや当日の予定によって、ご依頼者様と相談しながら調査を進めることになります。
夜通しで出てくる様子を見るのか、翌日~再開し出てくるところを撮影するのか。
この判断を間違えると、せっかく完全な証拠が台無しになりかねません。
やはりラブホテルに入って、滞在時間や宿泊した事実をきちんと証拠として掴むことが大切です。
そのようなことも踏まえて、状況を見ながらご提案させていただきます。
無駄に、調査時間を使う必要の無いように、ご提案させていただきますので、ご安心ください。

調査内容とその結果…

調査の事例結婚調査 2019.07.13

結婚(前)調査:出会い系アプリで知り合った男性と結婚したいと、娘から相談される。

依頼人イメージ

お嬢様の父親

次女(31歳)が結婚を考えている交際相手がいると言って、男性(36歳)を家に連れてきました。
知り合ったきっかけは、スマホの出会い系のアプリとのこと。
今時の若い人はそのようなアプリで出会いを求めて、交際につながることも多くなってきているとは聞いたことがありました。
しかし、色々とトラブルも多いとも聞いていました。
出会いとのきっかけを聞くと、ちょっと心配で、話をしていても年齢にしてはちょっと頼りない印象を受けました。
正社員ではあるようですが、収入的にも少し心配するような金額でした。
それでも娘もいい年齢になってきているし、子供のことを考えるとそろそろいい年で、行き遅れにならなければいいなとも思っていました。
娘もかなり気に入ってお付き合いをしているようで様子なので、今時の若い人らはそんなものか・・・と思い、娘が熱心に頼み込むので前向きに考えることを約束しました。
しかし、どうしても気になることもあったので、後にインターネットで出会い系のサイトについて色々と調べてみると、色々なトラブルの事例が書かれていました。
・最初から遊び気分で女性を探している
・既婚者が独身とうそをついて交際を続ける
・不倫関係の人が多い
・本気で結婚や交際を考えている人もいるようだが、圧倒的に遊びとして出会いを求めている人の割合が圧倒的に多い
・男性も女性も遊びと考えて出会いを求めている
・金銭トラブル、お金を何かにつけ貸して欲しいと言ってきて、何度か繰り返したのちに連絡が取れなくなる
・交際中に聞いていた話にどうも不審な点が色々と出てくる
・自宅や勤務先など個人情報を教えてくれない。プライベートなことを聞こうとすると怒り出す。
結局、遊びの延長で出会いを求めて、必要が無くなったら、連絡を絶つ。
そのようなトラブルばかりが目につきました。
それでかなり気になってしまい、どうしようか悩み、一度探偵事務所に相談してみることにしました。

探偵事務所に相談したら、最近このような相談をいただくことが非常に多くなってきているとのことでした。
出会い系サイトで知り合った人とのトラブルのケースが多くなってきているようです。
安易な気持ちで出会い系サイトを利用する人が非常に増えているとのことでした。
不倫を求めて出会い系サイトを利用する人も多いようです。
もちろん中には結婚して幸せに暮らしている人も多いのも事実らしいです。

調査対象者
娘の交際相手
年収
500万円
子供
娘さん二人

調査結果

娘には内緒で、交際相手の男性のことについて調べてみることにしました。
名前、住所から身辺の調査を行うこととしました。
・勤務先の確認
・退勤後の素行
・休日の様子
などを調べることとしました。

調査結果
聞いていた勤務先は、IT関係者の会社に勤務しているとのことでしたが、実際に出勤を繰り返すのは、飲食店のアルバイトでした。
時給での仕事をしていました。
聞いている勤務先へ出勤することはありませんでした。
また、飲食店の終わる時間に合わせて、退勤後の調査を行うと、
・パチンコ屋に入りびたり
・風俗店に立ち寄る
・消費者金融のATMを何度も利用する
そのような生活振りが明らかになりました。
お嬢様から聞いていた様子とは全く違ったようです。
調査結果をお父様へご報告すると、非常に不安がられていましたが、お嬢様とよく話をしてみるとのことでした。
数日後にご連絡をいただいた際に、お嬢様と何度も話をして、結婚はしばらく見合わせてよく考えると言われているとのことでした。
このように出会い系サイトで知り合ってのトラブルは非常に多くなってきております。
かなりの方が遊びと考えて、出会いを求めていると思われますので、くれぐれもご注意ください。
不安があれば、一度ご相談ください。

調査内容とその結果…

調査の事例結婚調査 2019.07.11

結婚(前)調査:会社の上司から女性を紹介してもらう

依頼人イメージ

会社員

約半年前に、出向先の専務に独身で結婚願望があると話したところ、知人の女性を紹介されました。
容姿もよく、性格も合いすぐに交際が始まりました。
相手の女性も結婚への願望があり、とんとん拍子に親しくなっていきました。
親にも紹介して、結婚を前提に交際をして、同棲するようにもなりました。
しかし週末には実家へ戻ると言って、土日に一緒に過ごすことは中々ありませんでした。
理由を聞いても曖昧に答えて、はぐらかされている気がしていました。
また、頻繁に男性らしき人からLINEや電話があることも。夜にも何度もかかってくることがありました。
誰と聞くと、仕事関係の人と言うぐらいではっきりと答えません。あまりしつこく聞くと嫌がられるのが怖くて、何度も聞くことを控えていました。
但し、あまりにも頻繁にある為、ずっと気になっていました。
そこで、ネットで調べて、探偵事務所へ相談してみることにしました。

調査対象者
出向先の上司からの紹介
年収
800万円

調査結果

調査内容
週末、金曜日に一緒に住んでいる住居には帰らず、実家に行くということでしたので、勤務先から退勤後の調査を行うこととしました。
実家にそのまま向かうようでしたら、いったん終了し翌日も昼間どのようにされているか調査を行うこととしました。
詳しい話をお聞きしているうちに、やはり女性の態度には不審な点が多くあるようには感じていました。

調査結果
退勤予定時間の19時から勤務先から調査を開始しました。
時間を少し過ぎたころ、女性が一人で出てきました。
最寄り駅に入り電車に乗りました。しかし聞いている実家方面ではなく別な電車に乗りました。
車中では、スマートフォンをずっと操作し、ラインでも使用している感じでした。
○○駅で下車し、今度は電話をかけてきょりょきょろし出しました。
そうしたらそこには男性が近づいてきました。年齢はずいぶん年上に見えます。
二人とも笑顔で、すぐに手をつなぎ二人で歩きだし、近くにある居酒屋へ入りました。
このような状況をご依頼者様へも連絡しながら、調査は進行します。
男性の写真も撮影したものを、メールにてお送りします。
見たことのある人か?確認します。
また、居酒屋内での状況も確認するか?確認したところ是非見て欲しとのことでしたので、調査員も客の振りで店内へ。
ちょうど対象者らの後ろの席に座ることが出来ました。
二人の様子は、ニコニコと会話を交わして、非常に楽しそうです。
依頼者にその旨も伝えたところ、写真を確認したら、女性を紹介した出向先の専務であることが分かりました。
とりあえず、調査を継続してその後どのような行動をするの確認することに。
2時間後に二人が出てきて、徒歩で向かった先は近くにあるラブホテルでした。
ご依頼者様へお伝えしたところ、大変落ち込んでましたが「わかりました」と。
念のため、翌日も調査を行ってほしいとのことでしたので、一旦、調査を終了し、翌日の朝に改めて調査を行うこととしました。

翌日の朝、調査を再開。
このような場合、夜通し調査を行う場合もありますが、泊りの可能性が高い場合は、一旦中断して翌朝から再開することもあります。
無駄に調査費用をご負担いただくことの無いよう、状況によってご相談しながら調査は進めていきます。

朝の10時過ぎにホテルから出てくる様子を確認し、撮影も行いました。
しばらく様子を見て欲しいとのご依頼者様からの要望でしたので、継続して行動を調査。
ミナミの商店街を楽しそうに買い物をする姿を確認でき、その様子を撮影して、今回の調査は終了としました。
数日後に調査報告書にまとめてご報告をさせていただきました。
実際に写真を見るまでは、まさか?と思っていたようですが、さすがに写真をご覧になられると、かなり落ち込むようにため息をつかれました。
但し、現実を踏まえてこれからのことを考えますとのことでした。
結婚を真剣に考えていたらしいのですが、事実がその前に分かってよかったとおっしゃっていただきました。
後日、それぞれに話をして、女性とは別れられたとのことでした。
女性は見た目からはとてもこのようなことをするような印象は受けない。まじめでおとなしい感じの女性に見えました。
しかし実際の生活振りは、とても信じがたいものでした。

調査内容とその結果…