業界最大規模、ガルエージェンシーの
不倫・浮気調査

不倫・浮気に悩み、ガルエージェンシーの不倫・浮気調査を依頼した後、
ガルエージェンシーで相談員を務める女性が、あなたのご不安を受け止めます。

  • どこへ行くにも携帯電話を離さない
  • 帰宅時間が遅くなり、外食が増えた
  • お金遣いが荒くなった
  • 仲が良すぎる気がするけど、これって浮気?
  • 休日出勤や休日出張が増えた気がする

「もしかして、浮気…?」
浮気の兆候に気づいたときや、メールで決定的なやりとりを見たときは
けして、パートナーを問い詰めないでください。

対策において重要なポイント

不倫・浮気対策には重要なポイントが3つあります。

Point.1不倫・浮気の着地点を予想すること

疑いを持ったばかりのタイミングでは、難しいことかもしれません。
パートナーの不倫・浮気が、気のせいかもしれないのですから。

気のせいだったときは、笑い話にしてしまえばいいのです。
笑いとばせないケースを考えて下さい。

不倫・浮気が現実だったとき、あなたに離婚の意思がなくても、一方的に離婚を言い渡されてしまうことがあります。
しかも、自らの不貞という事実をうやむやにし、妻に非があるように丸め込むケースも多々あるのです。

不倫・浮気のひとつの着地点は、離婚です。

離婚に至ったとき、慰謝料の有無は、離婚後のあなたの生活に大きな影響を与えます。
新居探し、引っ越し費用など、さまざまな出費が発生するからです。
慰謝料の額は、あなたの、あるいはあなたとお子様の暮らしに直結します。
その慰謝料の額を左右するものが、しっかりとした証拠なのです。

Point.2証拠を消されてしまう前に調査を

疑いは、あなたが思う以上に顔や態度に出るものです。
「やばい、疑われてる?」と、パートナーが気づき、不倫・浮気の証拠を消してしまったら
離婚を告げられたときにあらがう術がありません

辛く不安なお気持ちは、自らも不倫・浮気に苦しみ、
ガルエージェンシーの不倫・浮気調査を依頼した経験を持つ女性相談員が支えます

結婚生活を続ける・続けない、どちらにしてもあなたが有利に立てるように、確かな証拠をつかむことから始めましょう

Point.3クオリティの高い調査報告書を作成すること

探偵が作成する調査報告書は、裁判で証拠として使用することが可能です。
「証拠なんて、携帯メールでいいんじゃないの?
おっしゃる通り、メールも証拠のひとつです。

「ちょっとしたゲーム感覚でやりとりしているだけ。実際に会っているわけじゃない!」
「そんなわけないだろう!」と思うような言い訳で、証拠としてのメールの価値が消えてしまうこともまた事実なのです。
あなたとお子様が、ある程度の余裕を持った再スタートを切りたいとお考えなら、まとまった額の慰謝料をもらえた方が良いはずです。
新しい暮らしを不自由なく始めるひとつの方法として、調査報告書の作成をご提案いたします。

調査報告書とひと口に言っても、どんなものでもいいわけではありません

  • 内容、ボリュームともに薄っぺらい
  • 写真がぼやけている、顔がわからないほど遠くから写真を撮っている
  • 行動記録に空白の期間がある

残念なことですが、探偵社によって調査力はまちまちです。
安くはない費用を払って、証拠としてイマイチな調査報告書を納品されることもあります。

クオリティが高い=裁判を有利に展開できる調査報告書を作成できる探偵社を見極め、相談をすることが大切です。
ガルエージェンシーの調査力を持ってすれば、調査の事実をパートナーや浮気相手に知られることなく、
証拠として充分な調査報告書を作成いたします

まずは無料ご相談で、もやもやする胸の内をお聞かせください。

自分でできる、浮気チェック

不倫・浮気をしている方が取りがちな行動をまとめた、目安のチェックです。
チェック数が多い・不倫・浮気の可能性が高い気がする、そんなときは無料相談をご利用ください。

チェックが3つ以上だと、不倫・浮気の可能性があります

  • トイレ、お風呂にまで携帯を持っていく
  • 「飲みに行く」と言い、遅くなることが増えた
  • 発信、着信の履歴が消されている
  • お小遣いの追加を要求されるようになった
  • メール履歴が消されている
  • 夜の生活が減った(拒否される)
  • 携帯画面を覗くだけで声を荒げる
  • 高額なレストランやアクセサリーの領収書を見つけた
  • 深夜にこっそり携帯をいじっている
  • 直感で不倫・浮気している気がする
  • 友人との外出が急に増え、深夜に帰宅する
  • カーナビの履歴が消されている
  • 土日出勤、出張や泊まりの仕事が増えた
  • 服装に気を使うようになった
  • 「忙しい」「仕事で遅くなる」と言うことが増えた