調査の事例-浮気調査

調査の事例浮気調査 2019.09.18

女の勘で浮気を確信、ネクタイが派手になった旦那

依頼人イメージ

Rさん(専業主婦)

夫の帰宅時間が遅くなり、夕食はいらないと言われることが増えた。
外食に比例するように、服装が派手になり、お金遣いも荒くなっている。
3年前にも浮気をしたことがあり、そのときはすぐに認めたが、今回は頑なに認めようとしない。

調査対象者

調査結果

ご相談いただいた時点で、「2回目の浮気は許せない。証拠が取れたら離婚します」と決めていたご相談者様。
1度目の調査をもとに調査報告書を作成したところ、「1回の証拠だけではどんな言い訳をするかわからない」と、2回目の調査をご依頼下さいました。
結果、同じ女性との浮気現場をもう一度収めることに成功。
弁護士への相談と、浮気相手への慰謝料請求のために内容証明郵便を発送する準備をしています。

調査内容

ご相談様が疑っていることを旦那様が知っているため、迅速な対応が必要でした。
土日がお休みで、特に金曜日の夜の帰りが遅いとのことから、金曜日の退社時間に合わせて調査を開始。

金曜朝

  • 調査対象の夫が会社を出た時点から尾行を開始
  • 電車で会社最寄り駅からA駅まで移動。
  • 改札を出た後しばらくして携帯電話を使用したところ、女性が駆け寄る
  • 調査対象と女性は、手をつないでレストランへ
  • 1時間後レストランを出た2人はホテルへ向かう。ホテルへ入ったところを撮影
  • 約2時間後、ホテルを出てA駅へと戻る。ホテルから出たところを撮影
  • A駅での別れの際には、人目をはばからずキス。その様子も撮影
  • 女性の所在地を特定するため、女性を尾行。住宅に入る様子、表札を確認

ご相談者様の声

浮気をある程度確信していて、「許さない」と気持ちを固めて調査をお願いしました。
とはいえ、調査報告書を見たときには、泣いてしまいましたね。
しっかりとした証拠を2冊も作ることができたので、リスタートに向けて有利に交渉を進めたいと思います。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.09.18

「今日、調査をお願いできますか?」朝4時のご相談

依頼人イメージ

Kさん(妻/共働き)

ご相談者様は、「もしかして、浮気では…」という疑いを以前から持っていたとのこと。
夫はこまめに携帯メールを削除しているため、いつ相手の女性と会っているかがわからなかった。
たまたま、消し忘れていたメールを見たところ、明日(電話をした当日)会うことがわかったため、急ぎ依頼の電話をかけた。

調査対象者

調査結果

通常は、当日の依頼はお受けすることが難しいです。事前に顔写真などからご本人様確認を行い、調査方法・料金・契約方法などをご説明し、ご納得いただく必要があるからです。

しかし、迷いに迷って朝4時に電話をしてこられた点からも、お困りの度合いを察することができました。
とにかく事務所へお越しいただき、猛スピードで通常のご説明を行い、調査にのぞみました。
メールの内容のとおり、浮気相手と合流した調査対象。
弁護士をご紹介し、離婚手続きを進めていらっしゃいます。

調査内容

当日会うことがわかっていたため、調査対象が家を出るところから調査をスタート。

金曜朝

  • 調査対象の夫が自宅を出た時点から尾行を開始
  • 自動車でY駅へと移動、同駅で女性と合流
  • 調査対象と女性、地元の観光地方面へと車を走らせる
  • 2時間後、観光地へ到着。車を停め、観光地を散策。レストランで食事を楽しむ
  • ひととおり観光を終え、再び車に乗り込む。
  • 郊外のラブホテルへと向かい、2人で入室。その様子を撮影
  • 約2時間後、ホテルを出て車に乗り込む。その様子を撮影
  • Y駅近くにある女性の自宅まで送り届けた後、解散
  • 女性が住宅に入る様子、表札を確認

ご相談者様の声

長年のもやもやが晴れ、あのとき勇気を出して電話をかけて良かったと思います。
朝4時という時間にも関わらず、眠さを一切感じさせない対応に好感を持ちました。
車の免許がなく移動手段がない私のために、自宅近くまで無料出張というかたちで迎えにきて下さったことも、

とても助かりました。離婚成立まで長い道のりですが、がんばっていこうと思います。。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.09.18

疑いを晴らすために覗いたメールが決定打に…

依頼人イメージ

Mさん(専業主婦)

仕事の関係で使うくらいで、以前はメールですらほとんど使っていなかった携帯電話を、肌身離さないようになった夫。 罪悪感を覚えつつも、携帯電話を確認すると、明らかに浮気をしている内容のメールを発見した。

調査対象者

調査結果

都度、調査対象の様子をご相談者様に報告。調査結果を提出したところ、

動揺され、すぐにはこれからどうすればよいのかを判断できないご様子でした。
浮気相手の女性へも慰謝料を請求したいとのご要望から、女性の名前と住所の調査も行いました。
ご紹介した弁護士やカウンセラーとの対話から、最終的には離婚を決意。
弁護士とともに、離婚と慰謝料請求のための内容証明郵便発送などの手続きを始めています。

調査内容

浮気相手の女性とのメールで、泊りがけの旅行にでかけると知り、週末に調査を実施。

土曜朝

  • 調査対象の夫が自宅を出た時点から調査を開始
  • 最寄り駅からS駅へ向かう
  • 新幹線の改札前で女性と合流
  • 同じ新幹線に乗り込み、車内での親密な様子を撮影
  • T駅下車、タクシーでAホテルへ向かう
  • ホテルフロントで荷物を預けたのち、周辺を観光 
  • ホテルへ戻り、夕食のためレストランへ
  • Aホテル宿泊

日曜朝

  • ホテルから出てきた様子を撮影

ご相談者様の声

調査報告書を開いた時、予測していたとはいえ、頭が真っ白になり言葉がでませんでした。
まだ子どもが小さいので経済面での不安が最後まで残りましたが、結婚生活を続けることは無理だと考え、最終的に離婚へと踏み切りました。
クオリティの高い調査報告書が裁判の際に十分な証拠となり、母子の生活を守る結果を出すことができました。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.07.14

浮気・不倫調査:夫は単身赴任、その間に浮気を繰り返していた妻

依頼人イメージ

相談者:40歳男性 職業:会社員

相談者の夫は約5年前から転勤や出張が多く、単身赴任や自宅を留守にすることが多くなる。
この5年間は月に数日しか自宅に戻ることができない状況でした。
自宅では、妻と小学生の娘の二人暮らし、近所に夫の実家があり子供の面倒を見てもらうこともある。
妻は専業主婦で、パートなども一切せず夫の収入で生活をしている。

状況
1年前位から不審に感じることが多くなる。
・自宅の電話に出ないことがあり、留守番電話が多くなる
・夜に自宅へ電話をしたり、携帯電話へ電話をしても留守やつながらないことが多くなる
・娘も自宅にいないのか?いたら電話には出るはず。実家にでも行っているのか?と考えていた。
理由を自宅に戻った際に聞いてみると
・ママ友と食事に行っていた
・夫の実家に一緒に訪ねていた
・娘と一緒に外食していた
などとの返事
娘に話をすると
・お母さんが夜遅くに帰宅することが多くなった
・学校から帰って、晩ご飯を用意してくれているが、留守の日がある
・一人でお父さんの実家に行くことが多くなった
・土日にお母さんが出かけることが多くなった
・お母さんの服装や化粧が派手になった
など、気になる印象を受ける。
娘は、私が自宅を留守にすることも多く、母になついている為、私に話しずらいこともあるようで、言葉を選びながら話す印象を受ける。
それでも何か妻(母親)に対して不審な感情を持っている、前とは違うように思い始めているような様子を感じる。
やはり妻の行動に不審な行動を感じる。
帰宅した際に妻の手帳を見てみると、手帳にいくつかの記号が書かれていることに気が付く、ハートマークやイニシャル。
電話をして留守だった日には、ハートのマークや赤色のマークが確認できる。
時間帯も夕方や夜、土日の予定も目に付く、やはり不審な印象を受ける。
色々と考えた末、自身では留守がちでもあり、探偵会社に相談することにする。
インターネットで検索して、ガルエージェンシーへ電話する。

相談内容
・妻の週末の行動が知りたい
・出かけた際にどのような人物と接触しているのか?浮気をしているのか、事実を知りたい
・交通手段は車、徒歩、電車、自転車、タクシーを使用することもあり

調査対象者
妻(38歳)
年収
700万円
子供
娘(10歳)
結婚歴
13年

調査結果

調査のご提案
・週末の行動を調査し、実際にどのような行動をして誰と接触しているのかを調査
・調査は撮影をしながら進めて、接触者がいればしての顔も分かるように撮影をします
・その日の行動が時系列に分かるように調査を進め、最終的に調査報告書にまとめてご報告します。
・調査当日は、調査の状況は随時連絡をしながら、調査を進め、接触者がいれば、メールやライン等で写真をお送りすることも可能です
・写真をご覧いただくことでどのような人物なのかも確認が随時可能です

調査内容
話し合いの上、週末にご自宅から調査を行うことにしました。
夕方、奥様とお嬢様と出てきて、お嬢様を実家に送った様子で、奥様は一人で出かけました。
タクシーに乗って、繁華街で下車
すぐに男性と合流、かなり親し気の様子でした。
手をつなぎながら居酒屋に入りました。
2時間度一緒にいて、お店を出てきました。
二人ともかなり上機嫌で、酔っぱらっている感じでした。
手をつないで、路上でキスをする様子も確認でき、もちろんその様子も撮影しました。
その後、しばらく歩いて、ホテル街へ・・・
コンビニによって、お酒やおつまみを購入し
ラブホテルへ入りました。

その様子も、もちろん撮影し、ご依頼者様へ報告しながら調査は進めます。
時間帯にもよりますが、泊まる可能性が高いのか?それとも数時間の休憩か?
ホテルのプランや当日の予定によって、ご依頼者様と相談しながら調査を進めることになります。
夜通しで出てくる様子を見るのか、翌日~再開し出てくるところを撮影するのか。
この判断を間違えると、せっかく完全な証拠が台無しになりかねません。
やはりラブホテルに入って、滞在時間や宿泊した事実をきちんと証拠として掴むことが大切です。
そのようなことも踏まえて、状況を見ながらご提案させていただきます。
無駄に、調査時間を使う必要の無いように、ご提案させていただきますので、ご安心ください。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.06.02

【妻の不貞行為を未然に防ぎたい】友人からの浮気調査の相談

依頼人イメージ

奥さん

弊社へ相談に来られる方は、浮気の証拠を掴んで、その証拠を突き付けて「即離婚!」そんない人ばかりではありません。

中にはよりを戻したい。

仲の良かったころに戻りたい。

本人も色々と至らなかったところもあるので、反省し、やり直したい。

きちんと向き合って話し合いたい。

浮気相手と何とか別れてほしいと願いながら相談に来られる方も多くいます。

もちろんそのような方にも色々とご協力させていただくことは可能です。

これまでも色々なケースで解決にご協力させていただきました。

通常はご依頼者様が浮気調査に同行するとこは遠慮していただいています。

現場にいて生で状況を確認したい。

もちろん気持ちも理解できます。

しかしほとんどの場合、ご遠慮いただいております。

決して好ましい結果にならないリスクの方が高いと考えます。

今回は、友人からの頼みで、妻の浮気調査相談をいただきました。

相談の内容は、妻の浮気調査

詳しく話を聞くと、

まだそんなに深い関係まで入っていない様子。

しかし、次に会う際、必要にホテルへ男が誘っている。
(スマホを盗み見してやり取りを全て把握)

ホテルへ一緒に入るようであれば、その時点で何とか食い止めたい。

そのような関係になる前に何とか食い止めたい。

そんな要望でした。

しかし、浮気の現場を見るとどうしても感情的になり

抑えることができなくなる。

そんな経験もこれまで何度も見てきました。

しかし友人の必至な思いも十分感じました。

何とか協力したいとの思いで、絶対に強硬に手を出したりしないことなど、細かい打ち合わせの上

今回は、引き受けることに。

私も友人のそばにいて、気持ちを落ち着かせるように落ち着かせながら調査を進めました。

調査対象者
年収
500万円
子供
二人
結婚歴
5年年

調査結果

調査、当日

土曜日の朝、自宅から調査を開始。

予定の時間通り、奥さんは自宅を出ました。

その日の外出の理由は、女子会。

仲の良い、ママ友との女子会とのことでした。

昼食して、夜もご飯を食べて帰る。

これまでは、そこまで長い外出はありませんでした。

ご主人は、かなり不安になっていました。

ご自宅の高槻からJRで、大阪駅へ

大阪駅近くで、男が合流、かなり親し気に食事をしている様子

随分と若い男

一見して、若い男に遊ばれている!?

そんな印象を受けました。

梅田界隈でウィンドウショッピング

ランチ・・・

歩いている時は手をつないだり、絡めたたり

その後、ホテル街の方向へ

奥さんやターゲットは数名の調査員が尾行

その後ろを、私と友人がかなり距離を開けて追尾しながら調査を進めます。

このような浮気調査の場合

対象者に不審がられないように調査を進めるのは当然なのですが、

周囲にも気を付けながら調査を進めます。

対象者に不審がられなくても、周りに不審がられたら

やっぱり浮気調査はうまく進みません。

とにかく周りに不審がられることが無く

浮気調査を行うことが大切です。

しばらくすると男性が奥さんの腕をつかみ強引にホテルの中へ

しかしすぐに出てくる

奥さんは何とか振り切ろうとしている雰囲気に見て取れます。

友人は気が気ではありません

走っていこうとするのを何度も引き留めながら調査を進めました。

何度か繰り返したのちに、観念したのか奥さんも一緒に中へ。

先程までと様子が違ったため浮気専属の調査員も慌ててホテル内へ

男性に、声をかけると二人ともにかなり驚いた様子

男はやばいと思ったのか走って逃げ去りました。

奥さんは最初、きも動転して、かなり怒っていましたが、

その後は落ちついて友人に支えられながら帰宅。

友人から数日後に連絡があり、

しばらくはギクシャクしていたようですが、何とか修復ができそうだとの内容でした。

このようにケースに応じては、色々な対処をすることも可能です。

浮気に関するカウンセリングも経験豊富な夫婦トラブルの相談員がご相談者様へ寄り添って問題解決にご協力致します。

勇気のいることでしょうが、色々とご協力できることもきっとあります。

まずはご相談ください。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.01.15

浮気の傾向でしょうか?急に携帯電話を肌身離さず...

依頼人イメージ

(妻/専業主婦)

夫がここ2~3ヶ月、携帯電話を肌身離さず持っているようになりました。(このケースが、本当に多いです)
以前は仕事の関係で使用するぐらいで、メールもほとんど使用していなかったのですが、頻繁に使用するようになりました。
どうもあやしいと思い、悪いと思いつつも携帯電話を盗み見すると、明らかに浮気をしている内容のメールが複数ありました。
出張といって外泊した日も、女性と宿泊していた様子です。

調査対象者
夫(45歳、自営業)
年収
800万円
子供
2
結婚歴
10年

調査結果

浮気相手の女性へ慰謝料の請求もしたいとの希望で、再度調査を行い、女性の住所や名前を確認することが出来ました。
調査結果をご報告させていただいたときは、現実を目の当たりにしてすぐに、これからどのようにしたら好いのか判断できない様子でした。
弁護士やカウンセリング等を紹介させていただき、色々と考えた結果、離婚することを決められたようです。
子供がまだ小さいので経済的な心配はありますが、このような状況で結婚生活を続けることはできないと考えられたようです。
その後、弁護士に相談して離婚の手続きと、浮気相手への慰謝料請求の為の内容証明郵便を送る手続きをとりました。
請求する慰謝料は、800万円。財産分与は、自営業のため一般的な平均額より高額を請求されたようです。

調査内容とその結果…

調査の事例浮気調査 2019.01.14

探偵さんへ質問です。「ネクタイが派手に...これも浮気の傾向の一つでしょうか」

依頼人イメージ

Rさん(妻/専業主婦)

夫の帰宅時間が遅くなり、夕食を食べないことも多くなりました。 又、ネクタイの好みが変わり派手になり、お金遣いも荒くなりました。

3年前も浮気をしている事が分かり、 その時はすんなり認めて、すぐに女性と別れてくれましたが、今回は問い詰めてもそんなことは無いと認めようとはしません。
ですが、女の感と言ったら安易かもしれませんが、 普段の生活振りがどう考えても不自然だと思っています。

調査対象者
夫(38歳、会社員)
年収
500万円
子供
1人
結婚歴
7年

調査結果

調査結果を報告書にまとめる(通常、2~3日間)。後日、調査報告書に基づいて調査結果を報告。
調査内容には満足をいただきましたが、夫が一回の証拠だけではどんな言い訳を言い出すかわからないので、もう一回証拠を取りたいとのご意見。後日に退社後の行動を調査すると、先日と同じ女性と待ち合わせ。
再度、浮気の証拠がとれて今回の調査が終了しました。数日後に調査結果を報告させていただきました。
まずは、弁護士に相談して離婚の手続きと、浮気相手への慰謝料請求の為の内容証明郵便を送る手続きをとりました。
浮気相手への慰謝料請求金額は、400万円とのことでした。

調査内容とその結果…