社長ブログ2021.01.29

ドライブレコーダーが浮気・不倫の証拠に?取り扱い方の注意点

パートナーが浮気をしている場合、相手にごまかされてしまわないよう確実に証拠を集めることが非常に重要です。

「どのように証拠を集めればいいの?」と悩んでしまうかもしれませんが、そんなときにぜひ活用したいのが自家用車の「ドライブレコーダー」です。

どのように浮気の証拠集めができるのか、ドライブレコーダーの使い方や注意点を確認していきましょう。

ドライブレコーダー内の情報が浮気発見につながる!

ドライブレコーダーは、車内外の情報を記録してくれる装置です。

性能はものによって異なりますが、社内外のようすを録画・録音してくれるもの、訪れた場所や時間を記録してくれるものなどさまざまです。

そのため、パートナーが黙って出かけたり、浮気相手と会ったりしていた際には、そのデータがドライブレコーダー内に残されている可能性があるのです。

ただし、データが残されている時間はドライブレコーダーによって違います。

内容もどんどん上書きされていきますので、パートナーの行動に「怪しい」と感じたら、データが消えないうちにすぐ証拠集めにとりかかるようにしましょう。

ドライブレコーダーを取り扱うときの注意点

「データが消える前に、早く証拠を集めなきゃ!」と焦って、すぐにでもドライブレコーダーの内容を確認したくなってしまうかもしれませんが、注意しなければならないことがあります。

それは、いきなりドライブレコーダーに触るとパートナーにばれてしまう可能性があるということです。

ドライブレコーダーの中には、起動とともにメールなどを介して所有者へ通知がいくものがあります。

設定によって、エンジンがかかると通知がいったり、キーロックが解かれると通知がいったりとその種類はさまざまです。

一緒に使っている車であれば問題ありませんが、普段車に乗らない人がドライブレコーダーの確認をした場合には、通知がいってしまいパートナーに「なぜ?」と不審に思われるかもしれません。

ドライブレコーダーの記録はSDカードに保存される

ドライブレコーダーのデータは、多くの場合付属のSDカード内に保存されます。

そのため、浮気調査をするときは慎重にSDカードを取り出し、中身を確認しましょう。

「これから証拠をつかみたい」というタイミングでは、大容量のSDカードをセットしておくことも大切です。

64GBや128GB対応というように、容量の大きなドライブレコーダーもあります。

あわせて、自家用車のドライブレコーダーはどのくらいの容量まで対応しているのか確認しておくとよいでしょう。

ドライブレコーダーの映像で証拠となるもの

ドライブレコーダーに記録されたもので、証拠として成立するのは性行為の映像や、ラブホテルへの出入りが確認できる映像です。

音声のみのデータの場合、ふざけていただけとシラを切り通されてしまう可能性があります。

また、ホテルの駐車場に入っても、直接ホテルへ入っていく写真がなければ「電話をするために停めただけ」というようにごまかされかねません。

必ず、二人が性行為をしている、もしくはするためにホテルへ入っていくところをおさえましょう。

こうしてみると「証拠をつかむのって難しい」と考えてしまうかもしれません。

ただし、誰が乗っているか、どのような会話をしているか確認することで、音声や映像が直接的な証拠にならなくともその後の浮気調査に生かせる可能性もあります。

ドライブレコーダーの記録から浮気相手をあぶりだす方法

直接的な映像はなくとも、ドライブレコーダーに記録されている音声から相手の名前や職業、二人の関係性を推測できるかもしれません。

例えば、親密そうに関わっている相手と仕事に関連する話をしているところが記録されていたなら、社内不倫の可能性があります。

仕事関係の人の中から、相手と思われる人物を探すこともできるでしょう。

共通の友人の名前を出していたなら、友人づたいに情報を集めればなにかつかめるかもしれません。

また、次のデートをいつにするかについて話をしていることもあります。

いつ、どこでデートをするのかといった情報が手に入れば、その日、その時間に合わせて本格的な調査ができるため、決定的な証拠をつかむことにもつながるでしょう。

浮気調査や証拠を集める行為は、うまく進めていかないとはぐらかされる可能性があることから、調査のプロに依頼することをおすすめします。

探偵事務所では、浮気調査のご依頼を承っていますのでまずはお気軽にご相談ください。

まとめ

パートナーが浮気や不倫をしている証拠を集めるにあたって、ドライブレコーダーは非常に重要なポイントとなります。

一方で、不用意に扱うと浮気調査をしていることがパートナーにばれてしまったり、証拠を消されたりすることもあるので注意しなければいけません。

個人で浮気調査を行うのが難しい場合には、早い段階で浮気調査のプロである探偵へ相談することをおすすめします。

一覧へ戻る