社長ブログ2019.07.07

探偵が解説、浮気や不倫を見抜く手法とは何か?嘘や言い訳を言った時の行動や素振りについて解説させていただきます。その1

何となく、夫(妻)の行動に不自然を感じて、ひょっとして「浮気!?」「不倫!?」と思ってみても現実は中々判断するのが難しいものです。
疑わしと思った時のケースとして、典型的な事例として以下にお伝えいたします。
「夫(妻)が浮気や不倫の関係にある?そんな気がする」「うそを見抜く方法は無いのか?」
非常に疑わしいと思うが、決定的とまでは言えず、迷っている。
何か判断する手立ては無いのか?そのようなお悩みに少しは役立つかもしれませんので、ご紹介させていただきます。
実際に弊社へご相談に来られた方の体験をもとに列記していますので、色々と参考になるものと思います。
もちろん、掲載にはご本人の許可をいただいた事例のみを掲載しております。

◆嘘をつくときの心理状態とは
浮気や不倫をしているのでは?と中途半端に訴えると、必ず反発します。「信じられないのか!」「疑っているのか!」
そんな反応をする、特に男性の場合は、ここぞとばかりに強くまくしたてることでしょう。
自分の弱みを見せたくないから・・・
自信を不利な立場にしたくないから・・・
男性の精一杯の強がりです。
しかし、そのようにダイレクトに伝えられると、特に男性は反発します。
夫婦関係がぎくしゃくしてしまうことでしょう、そのようなことは決していいことではないでしょうから、まずは疑わしくても、断定はしないことです。
冷静に、判断することを心がけましょう(環境によって簡単なことではないかもしれませんが)

◆嘘を見抜く方法とは
*目を逸らす
一番典型的ですね。
うそをつくとき、相手にどうしても目を合わせることができない。
これは、男性も女性も同じのようです。もちろん夫、妻の関係でも。
特に、まじめな日本時の特性、性格なのかもしれませんね。
まともに目を見ることができなくなる、やっぱり後ろめたいと感じるからでしょう。
それまでの話し方と全く変わってくる、相手に見え見えだと、判断ができなくなるのでしょうね。
二人で話をしているときに不自然に目をそらすようになった場合は、浮気や不倫!?を疑ってみるきっかけかもしれません。
(もちろん浮気だけではなく、他に隠したいことがあるのかもしれませんので、これだけで判断するのは、禁物!)

*顔を触るしぐさ
人間の心理として、典型的なもう一つのしぐさとして
「顔を触る」と言われています。
このようなしぐさをするときには、顔を隠したい、見られたくないと考えるからと言われています。
もちろん、顔を隠してもどうしようもないのですが、心理的にそのようなしぐさをしてしまうようです。
但し、私は癖なのかもしれませんが、よく顔を触ります。
人と普通に話をしていても、これは何かうそをつこうとしているわけではもちろんなく、しぐさのひとつで、何となく手持無沙汰で顔を手で触っています。
口の周りやあごなど、頻繁に。
これって、相手の人からすると、うそをついている!?と感じられてしまっているのでしょうか?
もちろんそんなことはありませんので、ご安心ください。
話をお聞きしながら、あごに手を当てて、唇やあごを触っています・・・
改めた方がいいかもしれませんね・・・

(専門的な見解)
嘘をつくとき、人は顔を触ります。これは顔を隠したい欲求が無意識に現れるからです。
嘘をつくとき緊張状態になり、毛細血管が拡張します。
その時に人間はよく鼻を触るといった行動をとりやすいです。
会話している時に顔の口や鼻を触っている場合は注意しましょう。

とのことです。典型的な私です。
決して、そのような判断で、このようなしぐさをしているわけでは無いのですが。
そのような行動をすると、心理学的にはこのような理由があるのですね。
今後、注意します。これまで、このような感じで、私と面談の際、不愉快な思いをされた方、大変申し訳ございません。
失礼をいたしました。

(その2に続きます)

◆現在の社会では様々なトラブルが身の回りに起こっています。
「まさか、私に!?」と言うことも。まずは、お気軽にご相談ください。
これまで様々な、悩みやトラブルを解決してきたガルエージェンシーが、あなたのお力になります。

ガルエージェンシー
■梅田キタ
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL / 06-6147-8866
■新大阪
大阪市淀川区西中島3-8-15 EPO 新大阪 BLDG 10階
TEL / 06-4862-5770
■大阪中央(難波・心斎橋)
大阪市中央区心斎橋筋2-2-22 小大丸ビル5階
TEL / 06-6484-2460
■ガル探偵学校 大阪校
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL / 06-6147-7977

一覧へ戻る