社長ブログ2019.09.30

【探偵事務所の口コミ】を比較する際の注意事項はどのようなことか?ランキング・口コミサイトの罠を総合探偵社ガルエージェンシーが解説します。

ネット社会には色々な比較サイトが存在し、どこがおすすめなのか探す際に参考にする方も多いと思います。
探偵事務所についても色々な比較サイトが存在しています。

しかしその多くが自作自演
○○探偵事務所が自身の会社をNO.1として紹介しているサイトが殆どです。
探偵にかかわっている人が見ると一目瞭然なんですが、探偵業界を知らない人が見たら、ここが一番口コミで評判が良いんだ!
そんな風に思ってしまいますよね。
非常に残念ですが、殆どのサイトがそのように作られているものです。
もちろんパット見では分からないように作成会社を堂々と記載しているわけでは無く、どこの探偵事務所が作ったサイトかが分からないように考えて作られています。

中にはあからさまに、インターネットの広告にもランキングサイト(もちろんNO.1に最初に記載のある探偵会社)をリンクして有料広告サイトを出しています。
ワンクリック1,000円以上の広告です。
ここまでとなると明らかに消費者を惑わせる、
事実を不当に誇張して表現したり、人を誤認させたりする誇大な広告(誇大広告)に該当すると言えるでしょう。

消費者を不当に信じ込ませる誇大広告そのものですね。

誇大広告とは、商品の内容・価格などが実際より優れているように表現し、消費者に誤認を与える広告。

そのような広告が非常に多い探偵業界の中で、それではどのように探偵を選んだらいいのか?
口コミを理解したらいいのかをご紹介いたします。

【良く使用される口コミの表現】

>お客様満足度NO.1 〇年連続、〇〇業界による調査により。などの記載

探偵業界の顧客満足を評価している会社は全くありません。探偵社に調査依頼をしたご依頼者様から統一したアンケートなどを集めている会社や協会もありません。
これもその会社の自作自演の誇大広告です。お客様満足度97%!なども同じようなことです。

>浮気調査は絶対に失敗しない!どのような場合も必ず目的を達成します!
プロの探偵であれば少々のことでは失敗はしません。
但し、何をもって失敗か!?これは、事前に十分確認をしておく必要があります。
・尾行中に対象者を見失ったら、失敗なのか?
・ラブホテルに入るところを取れなかったら、失敗なのか?
・浮気相手の住居を一回目に特定できなかったら、失敗なのか?
例えば、浮気相手と別れた後に浮気相手を尾行調査することはよくあることです。
別れた後に、一人で電車に乗り移動しました。駅で降りて、駅近くの駐輪場で自転車に乗って移動しだしました。
その場合、探偵はどうするか?と言ったら、走って追いかけることになります。
まさか、近くの自転車を盗んで追いかける!?それは明らかに違法な行為ですからできません。
とにかく、走って追いかけることになります。
このようなこともある為、日ごろから探偵は体力作りも行っています。
ジム通いを定期的に行って言準備はしていますが、それでも電動自転車並みに走り続けることはどうしても限界があります。
時間や地形によっては、途中であきらめざるを得なくなることもあります。
例えば、これを探偵の失敗!と言うのか?
申し訳ないですが、このようなケースではいくら探偵でも対処のしようがありません。もちろん、最寄り駅が事前に分かっていれば、事前に自転車を準備しておくことは可能です。
しかし、そのような情報が無い中であれば、その駅に自転車を前もって準備することは当然無理です。
ですのでこのような場合は、ミスとは判断せず、別な時に駐輪場等から改めて調査をさせていただくことになります。

探偵側からの判断はこのようになりますが、ご依頼者の中には、これも失敗だ!
と、判断される方もいるかもしれませんね。
その辺の事情については、契約時に丁寧に説明をさせていただきます。

>浮気の証拠が取れなければ料金をいただきません!?どの探偵会社よりも安いなど
普通に浮気の証拠と言うと・・・
・夫や妻の浮気相手と一緒に、ラブホテルに出入りするところを写真に撮る
・二人で旅行に行ってホテルへ宿泊した事実(撮影)
・浮気相手の住居に泊った事実(撮影)
主にこのようなものが浮気の証拠となるでしょう。
・路上で抱き合ってキスをしている
・仲良く手をつないで歩いている
・二人で仲良く食事をしている
かなり疑わしいですが、法律的には浮気=不貞行為とはなりません。
それでしたら、浮気の証拠が取れなければ料金をいただかない・・・
探偵の実情からして、絶対にありえない条件です。ご依頼者様からすれば、これほど条件のいい契約は無いでしょう!
例えば、
・絶対に儲かる投資をお約束します!儲からなければ、費用をいただきません!
・株で儲からなければ費用はいただきません。損は絶対にしません!
こんなこともあり得ません。

ならばどのような条件、事実はどうなのか?
あくまでも過大広告です。
詳しい話をお聞きして、非常に厳しい条件をクリアしないとこのような条件での契約はしないでしょう。
プロの探偵調査員が複数、数時間、実働して・・・それで、報酬が0円!
これでは、社員に給料も払うことができません。
実際に従業員が動くわけですからそれが0円では、経営は成り立ちません。
色々な落とし穴があります。

このような宣伝文句、キャッチコピーを真に受けないように注意しましょう!
あまりにも極端な魅力的なことは、現実にはあり得ないのです。

良いサービスには、それ相応の費用が必要です。
よく言われることで
・いい商品やサービスは、平均よりも高め
・なぜ、高額な商品やサービスが人気あるのか?
・業界NO.1の会社の商品は最安値?でしょうか?ほとんどが逆の現象ですね

「安かろう悪かろう」
そのような失敗をしないように、十分に見極めるようにしましょう。

>同業他社のことを批判する、悪く言う、否定的に話をする

どの業界でも、営業の基本的な考え方に同業者のことを悪く言わない!
初歩的な考えとして、よく言われる言葉です。
初めて会社勤めした際に、新人のころ先輩から基本的なこととして教わった記憶があります。

質が高く熟した業界、であればこのような批判的なことを表立っていう会社はほとんどないでしょう。
それを言って、消費者がどのように感じるか?
決して良いようには思わないでしょう。
それなのにあからさまに、同業他社の批判的なことを延々と繰り返す・・・

・あの会社は大きそうに宣伝しているが、実際は大したことが無い
・○○探偵社は、調査力が無く、失敗が多い
・社名を出して事実で無いことを根拠なく批判する

このように事実無根のことでも、事実のように口コミ情報として掲載する。
特定の探偵事務所の評判はあまり良くない事を示唆するような口コミ情報もあります。
あたかも一般消費者、依頼者が書いたように見せかけて、同業他社のなりすましも散見されます。

成熟した業界か?

>ガルエージェンシーで検索すると、同業他社の広告が・・・
例えば
・ガルエージェンシー等厳選・・・
・ガルエージェンシーなどの探偵事務所
このように広告をあからさまに消費者を惑わすような広告文を出す。
企業としての倫理感を疑ってしまいます。
ここまでしても所有者を誘導したいと考えるんdねすね。
(これもある意味、同業他社批判になるのでしょうか?)

このように探偵業界の口コミサイトと言うのは、自社を1位に位置付けてさも一般の消費者の方々に評価されているかのように作成されていますが、
全てのサイトが自作自演
そして同業他社を悪く評価して、意図的に作られたものばかりが存在します。
また中には作成の目的がアフィリエイト(広告収入)を目的として、一部の探偵会社の評価を上げるために書かれていることがあります。
このように評価をしているものや逆に評価を下げることを目的としていたり、書かれていることをそのままにうのみには決してしないように注意しましょう。
逆にそのように作られたもの事態を疑ってみるようにしましょう。
何をもってそのように評価したのか?
例えば家電の商品の購入した人のコメントや評価と全く違って、恐らく探偵会社に浮気調査を依頼した人が、そのようなランキングサイトや口コミサイトなどへまともに評価をしようと考えないでしょう。
評価ができたとしても私が調査を依頼しましたと周りに知られたくありませんよね?普通は。

例えば
・評価をした理由(裏付け)などもきちんと書かれていないことが殆どでしょう。
・いくらでも自己評価ができるような無いようにとどまっていることでしょう。
・具体的なことには全く触れず、根拠のない内容となっていることでしょう。

このような傾向は、探偵事務所、興信所のランキングサイト、口コミサイト、評価のサイトなど同じような傾向です。
とにかく自社のことを評価したランキングサイトをいくつも作成して、探偵会社を探している人を惑わすことになってしまっています。
消費者のことを全く考えていない、誘導だけ、売り上げの事だけを考えたサイトとしか考えられませんね。

探偵会社を利用しようと考える人の殆どが、初めて探偵に相談する方です。
これまでに何度も探偵会社を利用しました。そんな人はまずいません。
その為、かなりの人がそのような口コミを信用してしまいがちです。
「それなりに評価が高い会社なんだ」と思ってしまうのでしょう。

この業界の閉鎖的な傾向
また、実際に依頼をされた方の状況を考えると、あからさまに評価をすること自体が難しいでしょう。
正直なところ、私も調査結果を踏まえて、アンケートにお答えしていただけませんか?
そのように聞くことが非常に抵抗があります。

夫や妻の浮気を目の当たりにした状況の報告をした後に、弊社の評価をしてください。
これからの弊社の広告宣伝に使いたいから・・・そんなこと言えるわけが無いです。
SNSで使用してもいいですか?
そんなこと言えません。
ご相談者の中には、藁をもすがる思いで探偵会社に相談に来られる方もいます。
それぐらいの状況の方が多いでしょう。
そんな状況の方に対して、

上位にあれば、依頼を考えている人の目に止まりやすくなり、例え根拠がなくとも、ランキング上位にあるから、という理由だけで好印象をもってしまいます。
実際に依頼をしたことのある体験者が、他の依頼を考えている人のために役立ててほしい、
という事から、実体験に基づいた口コミ情報もありますが、ネット上にある多くの口コミの中から、本当に利用した方の情報を見つけ出すのは「至難の業」かもしれません。
口コミを見分けるポイントとしては、実体験に基づく口コミ情報は他の口コミ情報にはマネのできない要素が含まれているものです。

例えば、調査後の追加料金請求の有無や調査時の対応や状況など、推測では書けない点を書いている口コミこそが、体験者による有益な情報といえます。
もしも、あまりに具体的で信じてしまいそうな評価を下げる口コミを見つけたら、その内容を検索してみることが重要です。
体験もしていないのに具体的に書ける、という事は、ネット上の情報をみて書かれた可能性が高いからです。
気になる情報があれば、ひとまずその口コミが本当かを検索して調べてみる。
これが偽の口コミ情報に惑わされないために必要な注意点です。

比較する一つの目安として
・業界最大手
・全国に120を超える拠点
・調査員数800名超
・ガル探偵学校を経営、その卒業生しか調査員として雇用しない
・多くのメディアに紹介
・厚生労働省とのコラボで児童虐待0活動中
このような点で、総合探偵社ガルエージェンシーも選択の一つとお考え下さい。
きっとご相談者様の期待以上の結果を出します!

◆現在の社会では様々なトラブルが身の回りに起こっています。
「まさか、私に!?」と言うことも。まずは、お気軽にご相談ください。
これまで様々な、悩みやトラブルを解決してきた探偵社ガルエージェンシーが、あなたのお力になります。

探偵社ガルエージェンシー
■梅田キタ
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL / 06-6147-8866
■新大阪
大阪市淀川区西中島3-8-15 EPO 新大阪 BLDG 10階
TEL / 06-4862-5770
■大阪中央(難波・心斎橋)
大阪市中央区心斎橋筋2-2-22 小大丸ビル5階
TEL / 06-6484-2460
■ガル探偵学校 大阪校
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL / 06-6147-7977

一覧へ戻る