社長ブログ2019.07.19

【探偵が解説】浮気・不倫に関する裁判を大阪でお考えの方へ、有利になる証拠とは何か?その2

*領収書やレシート
領収書やレシート類は、それだけでは決定的な証拠とはなりにくいですが、他の証拠と合わせることで効果的な証拠となります。
ラブホテルの領収書やレシートは効果的ですが、シティホテルなどの場合は、色々と言い逃れをされてしまいがちです。
・食事をしただけ
・仕事の打ち合わせで使用した
・仕事をするのに利用した
など、色々と言い逃れをされてしまいますので、証拠としては決定的とはなりにくいです。

*ホテルへ出入りの二人の写真
二人がホテルへ出入りした写真は大変効果的です。
例えば
・ラブホテルへの出入り、滞在時間、泊り
・シティホテルへの出入り、フロントでの受付の様子、チェックインの手続きを一人でするのか、二人でしているのか
・ホテル内での二人の様子
・旅行先での宿泊の様子、チェックインと翌日二人で出てくる様子、明らかに二人で宿泊したことが否定できない
需要なのは、一緒にホテルに入る、出る、そこでの滞在時間。そして、その前後の二人の様子が重要です。
仕事の打ち合わせをしていた、などと言い逃れをされない為にも、二人の関係を証明することが大切です。
偶然、ホテルで鉢合わせした、などの言い訳を認めさせないことが必要です。

□自分で証拠を集める場合の注意点
一般の方がご自身で証拠を掴もうとして、ラブホテルへ出入りする写真を撮ろうと思っても、まず効果的な撮影はできないでしょう。
その前に、尾行をすることが非常に難しいです。
徒歩、車にもよりますが、対象者に不審がられずに尾行調査をすることは、一般の方にはまず無理でしょう。
ましてや、夫や妻が、妻や夫の尾行調査をしようとしても、すぐにばれてしまうことでしょう。
一瞬でも視界に入ったらおしまいです。気づかれてしまうことでしょう。
その上、効果的な撮影となると到底無理なことです。
撮影しようとしても、近づいて撮影するわけにはいきませんから遠くから撮影。
それも後ろ姿・・・
「誰!?」
どこのだれか分からない写真では、全く証拠とはなりません。
暗くて、ぶれていて、どこのだれかが分からない写真は当然効果的な証拠とはなりにくいです。
ましてや、周囲に不審がられた場合、付きまといや盗撮!?などと思われて、違法な行為となる場合があります。

もし確実な証拠を掴みたいと考えたら、一度探偵会社にご相談してみてください。
探偵がどのような調査をして、どのような証拠を提供してくれるのか?
素人がやろうとして、取り返しのつかないことになるかもしれませんので、十分にご注意してご判断ください。

□まとめ
今回は慰謝料を請求するための効果的な証拠集めについてご説明をさせていただきました。
裁判において、効果的な証拠を収集したいとお考えでしたら、ご自身だけで何とかしようと考えず、プロの探偵にも一度ご相談してみてください。
どのような裁判であっても、相手に言い逃れのできない決定的な証拠を掴むことができるでしょう。
但し、どこの探偵事務でも同じ調査ができるわけではありませんので、きちんと調査をしてもらえるところなのか、冷静に見極めることが大切です。
ご自身で行うことのリスクを考えると、ある程度の費用を負担しても効果的な証拠を掴むことに専念した方がいいと思います。

◆現在の社会では様々なトラブルが身の回りに起こっています。
「まさか、私に!?」と言うことも。まずは、お気軽にご相談ください。
これまで様々な、悩みやトラブルを解決してきたガルエージェンシーが、あなたのお力になります。

ガルエージェンシー
■梅田キタ
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL / 06-6147-8866
■新大阪
大阪市淀川区西中島3-8-15 EPO 新大阪 BLDG 10階
TEL / 06-4862-5770
■大阪中央(難波・心斎橋)
大阪市中央区心斎橋筋2-2-22 小大丸ビル5階
TEL / 06-6484-2460
■ガル探偵学校 大阪校
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL / 06-6147-7977

一覧へ戻る