社長ブログ2019.07.31

【探偵が解説】浮気や不倫による慰謝料の請求の期限はいつまでなのか?

夫の浮気が発覚!相手の女性について、慰謝料を請求したいと考えた場合、手続きはいつまでにしたらいいのか?
子育てや家事に忙しい為、中々時間が取りにくくすぐに相談に行きにくい。
弁護士へ相談したら、色々と手続きが必要でそれなりに時間を取られそう。
落ち着いてからきちんとした相談をしたいと考えている。
しかし、浮気や不倫の慰謝料の請求には事項がある!?と何かで読んだ気もするし・・・
そのように考えている方もいらっしゃいませんか?
浮気や不倫の慰謝料請求には事項があります。証拠があったとしても、いつまでもそれが有効とはなりませんのでご注意ください。
今回は、慰謝料の期限についてご説明致します。

□浮気や不倫の慰謝料の請求には期限(時効)があるのか?
浮気や不倫の行為はれっきとした、違法行為です。
その為、浮気や不倫関係者に対して慰謝料の請求が可能です。
しかし、浮気や不倫慰謝料を請求しようと考えた場合、時効がありますのでその事項についてご説明いたさします。
例えば、夫が浮気をした場合
・妻が夫の不貞行為(浮気、不倫)を知ってから3年間
・夫と浮気相手との不貞関係が始まってから20年間
この期限を過ぎてしまうと、浮気や不倫の慰謝料の請求ができなくなります。
また、浮気や不倫の慰謝料請求の時効は、上記の期間のいずれか短いほうで完成すると法律で定められています。
しかし、浮気相手のことについて、写真はみたことはあっても、どこの誰なのか?
住所や名前までは知らないといった場合は、浮気の事実を知った期間の対象とはなりませんので、期間は開始されていないこととなります。
ですから、単純に年数がたっているから浮気や不倫の慰謝料の請求ができないというわけでは無い場合があります。
また、不貞行為の事実を知らなかった場合でも、夫の浮気が始まってから20年が経過してしまっている場合は、浮気や不倫の慰謝料の請求はできません。
但し、この年数を明確に証明することは当事者でも簡単なことでは無いでしょうね。
いつから不貞行為の関係になったのか?証明することは現実的ではないかもしれません。

※浮気や不倫の債務承認(さいむしょうにん)とは
自身が浮気や不倫の関係を認め、慰謝料を支払うことを認めることです。
しかし、口頭だけでしたら後から言い逃れをされてしまう可能性がありますので、必ず浮気や不倫(不貞行為)によって、慰謝料を支払うことを認めたと書面に残しておく必要があります。
必要な事項としては
・氏名、住所、捺印
・日付
・浮気や不倫(不貞行為)を認める
・慰謝料を支払う意思
このような内容を記載する必要があります。

※浮気、不倫(不貞行為)を理由に裁判を起こす
浮気、不倫を理由に裁判を起こせば、裁判中に時効が経過しても事項の成立とはなりません。
本来であれば3年間の期限から、裁判が確定してから10年間まで延長されることになります。
先に説明した債務承認は相手側が認めないと、期限の中断(延長)はできませんが、裁判での浮気や不倫の請求でしたら、相手側の承認なしに時効を一旦止めることができます。
もしも有効な期限が迫っている場合でしたら、浮気や不倫の内容証明郵便でその旨を送って請求しておけば、一時的には事項を止めることも可能です。
但し、これはあくまでも一時的ですので、法的な手続きをお考えでしたら弁護士等へ一度ご相談されることをお勧めいたします。
またその紹介も弊社でご協力させていただきます。
違法な行為に対して浮気や不倫の慰謝料を請求しようとした場合、専門的な関係者にご相談ください。

□浮気や不倫(不貞行為)の証拠をつかむ際、その他にも気を付けているべきなポイントがいくつかあります
浮気や不倫の証拠をつかんでいるから絶対大丈夫!とは考えないでください。
浮気や不倫の証拠をつかんだことが夫にばれて、警戒をする。そのような浮気や不倫の関係を解消する。
解消してから数年経過すると、どうしても浮気や不倫の慰謝料の請求に影響は出てくる場合があります。
その間にもう別れてしまい、すごく反省をしている。時間がたって以前よりも与える影響が少なくなった。
関係が改善された・・・そうなるとどうしても以前に比べて、浮気や不倫の慰謝料の金額に影響してしまうケースもあるようですので、ご注意ください。

□浮気や不倫(不貞行為)慰謝料に関するまとめ
今回は、浮気や不倫(不貞行為)慰謝料の請求できる期限についていくつかポイントを説明いたしました。
慰謝料の請求を考えている方は、参考にしてみてください。どのくらいの期間がたっているのか?
それぞれの状況に応じて考えてみてください。
もちろん最終的に浮気や不倫の法的なことについては、弁護士等へ確認してください。
あくまでも参考ですので、必ずしもあなたの状況と一致するとは限りません。
浮気や不倫(不貞行為)行為についての慰謝料請求は色々な要素がかかわってくる場合もありますので、安易に判断せずお早めにご相談ください。
法律のご相談だはあくまでも弁護士事務所へご相談ください。

◆現在の社会では様々なトラブルが身の回りに起こっています。
「まさか、私に!?」と言うことも。まずは、お気軽にご相談ください。
これまで様々な、悩みやトラブルを解決してきたガルエージェンシーが、あなたのお力になります。

ガルエージェンシー
■梅田キタ
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL / 06-6147-8866
■新大阪
大阪市淀川区西中島3-8-15 EPO 新大阪 BLDG 10階
TEL / 06-4862-5770
■大阪中央(難波・心斎橋)
大阪市中央区心斎橋筋2-2-22 小大丸ビル5階
TEL / 06-6484-2460
■ガル探偵学校 大阪校
大阪市北区芝田2-2-13 日生ビル東館3階
TEL / 06-6147-7977

一覧へ戻る