盗聴器の発見

盗聴器の発見

 

盗聴や盗撮などはあまり身近な存在では無い為、他人事だと思われている人が多くいらっしゃいますが、
意外にも多くの人がその悪質な犯罪に気づかぬうちにあっていることが多く御座います。

盗聴器・盗撮器の販売個数は、実に年間20万個以上と言われています。
インターネットや専門店でも手軽に手に入るような時代です。
それに伴い盗聴・盗撮犯罪は年々増加の一途を辿っています。

盗聴は、産業スパイや映画・小説だけの話しだと考えがちですが、 実際には盗聴器・盗撮器ともに、その購入用途は一般のご家庭の中で取り付けられているケースが半数を占めていることが分かっております。

ここ最近増えている被害としては、アパート・マンションに一人暮らしをされている女性の部屋へ、彼氏や元彼、中にはストーカーじみた人物が忍び寄って、設置する事例も大変多くなっています。
他には、ホテル、公衆トイレなどの公共の場や、階段下等々で盗聴・盗撮は行われているのです。

恐ろしいことにインターネット上では、多くの盗撮映像が出回っています。
ところが、あまり知られていませんが、盗聴・盗撮を取り締まる法律は、今のところ制定されていません。

盗聴・盗撮という行為自体に対し、「盗聴罪」、「盗撮罪」といった直接的な刑事罰は御座いません。現行法ですと、「電波法」、「電気通信事業法」、「有線電気通信法」、又は、知りえた情報で特定の個人に対し損害を与えた場合に民事上の法律で対処することになります。

個人のプライバシーを著しく侵害する、極めて悪質な犯罪の割に、その行為を取り締まる適切な法律が整備されていないのが現状なのです。
そして、盗聴器・盗撮器をインターネットで手軽に手に入る時代であることも、盗聴・盗撮に拍車をかける原因となっています。

あたなのプライバシーの侵害を許さないためにも、盗聴・盗撮被害の疑いがあれば、いち早くご相談されることを強くお勧めいたします。

 

盗聴・盗撮かな?

 

意外に思われるかもしれませんが、前述していたような「盗聴器」、「盗撮器」という名目の商品は存在していません。
実際には、ドラマ、映画などの撮影で使われる録音機材や、ワイヤレスのマイク、カメラなどの一般に情報収集機械と呼ばれる製品が、盗聴・盗撮行為には用いられているのです。

下記致しましたような、盗聴・盗撮の可能性に思い当たることはありませんか?

・家にいるのに誰かに見られているような気がする。
・支社で働いているのに、仕事の様子が過剰に本部に漏れているような気がする。
・会社の情報が外部に漏れているような気がする。
・自分以外には知りえないことを、第三者が知っている。
・税理士にしか話していない、家族の資産状況が漏れている。
・家(部屋)の近くに不審な人や車を見かける様になった。
・電話中やテレビを見ている時に、雑音やノイズが入る。
・最近引越しをしてきたが、今の部屋が安全か知りたい。
・照明器具は前から取り付けられていたものである。
・一度鍵を無くし、スペアキーをずっと使っている。
・外出から帰っていたら、家具の配置が変わっていたような気がする。
・過去に泥棒に入られたことがある。

 

一つでも思い当たる方は、盗聴・盗撮されている可能性があります。
こういった些細なことから、ストーカーなどの重大犯罪に繋がるケースも御座いますので、少しでもおかしいと感じたら、早めにご相談下さい。

 

調査事例

 

20代で府内に一人暮らしする女性から電話で相談を受けました。
内容は、「突然私を中傷する手紙が送られてきた。だれが出したのか心当たりがないが、中身を読んでみると、私しか知らないような内容ばかり書かれていた。」

との事でした。当然、元彼や家族から情報が外部に漏れることもあるので、特定は出来ませんでしたが、更に詳しい話を聞いてみると、盗聴の可能性が有りそうでしたので、女性の自宅マンションを調べてみることにしました。

■調査結果

許可をいただき自宅マンションを調べたところ、早速不審な電波をキャッチしました。

しかし、室内盗聴の可能性が高い為、犯人に気づかれないよう、慎重に音を殺しながら室内の調査を行ったところ、数分後に寝室から盗聴器を発見しました。

盗聴器は男友達から「たまたまUFOキャッチャーでお前の好きなやつが取れたから」とプレゼントされたぬいぐるみの中に入っており、それも最新式の小型携帯電話型盗聴器で、いつでも好きな時に盗聴できる物でした。

その後、相談の上、警察に被害届けを提出し、無事解決の運びとなりました。

盗聴器は色々なものが出回っており、手口も悪質なケースも増えておりますが、私どもは数種類の機器による調査と、経験豊富な調査員の目視にて調査させていただきます。
最近は、引っ越しの際に運送会社の人がサービスのように簡易的な盗聴発見調査を行ったりしていますが、やはり調査できるレベルは限られており、精度に不安が残ります。

やはり、専門の業者にきちんと調べてもらうのが望ましいでしょう。

 

無料お問い合わせ 0120-766-020
無料相談はこちらから

コンテンツ

アクセス


大きな地図で見る

〒532-0011
大阪市淀川区西中島3丁目8番15号
EPO SHINOSAKA BUILDING 10F

ページトップへ